キャラクターデザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2017年5月23日  イベント

台湾の実践大学のみなさまが来校されました!!

こんにちは。副手の今です。

5月10日から12日の3日間にかけて台湾の実践大学コミュニケーションデザイン学科の
学科長  陳 文祺先生(愛称:ミッキー先生)
映像領域 陳 威志先生(愛称:レックス先生
CG領域   楊 東樵先生(愛称:ダヴィンチ先生
と学生のみなさん(10名)が来校され、キャラクターデザイン学科と合同でワークショップを行いました!

実践大学様とは現在交流プロジェクトを行っており、今年の3月にアニメーション領域ご担当の
野村先生が実践大学にお伺いして、ワークショップを行いました。

そして今回は実践大学のレックス先生が、京都造形芸術大学キャラクターデザイン学科にてワークショップを
行なっていただきました。

初日には、3月に台湾にて、オリエンテーションを行なったプロジェクト企画案を
実践大学の学生のみなさんがプレゼンテーションをし、野村先生が講評を行いました。

 

IMG_4320

どの企画も面白く、個性的なものばかりでした。
講評を受けてのブラッシュアップを2日間で行い、最終日には再度プレゼンテーションをしていただき、
野村先生は「学生たちのモチベーションの高さに今後のプロジェクトへの期待が高まりました。」
と話しておられました。

 

2日目・3日目には実践大学のレックス先生がキャラクターデザイン学科の学生に対して
プロジェクトのオリエンテーションを行なっていただきました。

言葉は通じなくとも作品という言語を通して会話ができている学生達を見ると、
芸大生ならではのコミュニケーション手段であると感じました。

 

IMG_4451

IMG_4484

 

 IMG_4341

海外の大学生との交流はとても貴重な経験となりました!
実践大学様とキャラクターデザイン学科の交流プロジェクトは、今後も進行していきます。
8月には昨年も参加していた「台湾漫画博覧会」でも作品の進捗状況が報告できると思います!
引き続きブログでご報告していきますのでお楽しみに!

 

実践大学のみなさま、3日間ありがとうございました!

IMG_4351

関連記事

<188189190191192>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。