映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年6月29日  ニュース

閉館が迫る立誠シネマで、秋葉美希さんの舞台挨拶が行われました。

元・立誠小学校跡地活用の進行に伴い、7月いっぱいで終了することになった京都・立誠シネマプロジェクト(元立誠小学校跡)で、今泉力哉監督『退屈な日々にさようならを』の上映が続いています。

6月24日(土)と25日(日)には、この映画に出演した秋葉美希さん(2017年俳優コース卒業・7期・area[アレ]所属)が、上映後に舞台挨拶を行いました。

 

IMGP3808

 

秋葉さんは、昨年東京に単身出向き、ワークショップに参加してこの映画に出演するきっかけを作りました。

映画の中で、秋葉さんは大変重要な役を演じています。

舞台挨拶では、多くのお客さんの前で撮影の時の苦労話、演技についてなどを話しました。

IMGP3818

IMGP3855

IMGP3921

 

立誠シネマでは、6月30日まで『退屈な日々にさようならを』と、多くの映画学科卒業生が制作に参加した、松野泉監督『さよならも出来ない』も、大好評絶賛上映中です。

1928年に建てられた歴史的な建物の元教室で映画を味わえる時間は、残りわずかとなってまいりました。

是非、立誠シネマプロジェクトへお出かけいただき、ここでの映画体験を楽しんでいただけたらと思います。

 

IMGP3881

IMGP3915

 

秋葉さんも登場する、『退屈な日々にさようならを』予告編をご覧下さい。

 

松野泉監督『さよならも出来ない』の予告編はこちらです。

 

立誠シネマプロジェクト公式サイトはこちらです。 → http://risseicinema.com/

元・立誠小学校について。 → http://risseicinema.com/about_rissei

 

映画『退屈な日々にさようならを』公式サイト → http://tai-sayo.com/

映画『さよならも出来ない』公式サイト → http://good-bye.cinemacollege-kyoto.com/

 

 

7月15日には、立誠シネマで、映画学科の学生たちが「MOOSIC LAB」とのコラボ上映も行います!

こちらにも是非、お越し下さい! → http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=78551

関連記事

<385386387388389>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。