映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年8月29日  ニュース

尾崎健さん『やさしいフルスィング』第39回PFFで上映!

映画学科卒業生の尾崎健さん(6期生)が自主制作した映画『やさしいフルスィング』が、9月16日から開催されるぴあフィルムフェスティバル2017のPFFアワード2017コンペティション参加作品として、東京・京橋のフィルムセンターにて上映されます!

ぴあフィルムフェスティバルは、1970年代より続く、日本最大のインディペンデント映画のお祭りです。

『やさしいフルスィング』は、尾崎さんの呼びかけの元集まった映画学科の製作コース・俳優コースの学生も多数参加している、文字通り『やさしいフルスィング』を探し求めるような爽やかな映画になりました。

 

award16_photo

 

尾崎健さんです。

IMG_0455

 

 

上映プログラムはGです。

上映日は、9月20日[水] 1100~ / 23日[土] 1800~です。

是非、皆様ご覧下さい!

 

PFFアワード2017の詳細はこちらです → https://pff.jp/39th/lineup/

関連記事

<355356357358359>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。