こども芸術学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年10月20日  ニュース

制作期間9日間!テーマは廃品利用

雨が続き、一段と寒さが増してきましたね。風邪などひかれていませんか?

 

現在3・4年生はA・B・Cの3つのゼミに分かれて制作を行っています。

Cゼミでは「廃品利用」をテーマに3年生が制作を行いました。

 

10月4日にテーマについての導入があり、制作期間9日間で10月13日には合評という、怒涛のスケジュールでした。

 

IMG_0190  IMG_0219  IMG_0275

IMG_0271  IMG_0281  IMG_0384

IMG_0323  IMG_0358  IMG_0333

IMG_0396  IMG_0316

古新聞1枚から文字を切り取り、限定された文字を組み合わせて子どもが遊べるカードにしたり。

自分が着られなくなった子どものときの洋服を、使えるものとして再利用したり。

廃品、廃材、廃れる・・・から「廃語」に着目し、本と音声ガイドによって廃語を甦らせる試みにつなげたり。

IMG_0213

それぞれが1つのテーマを様々な視点でとらえ、多様な形態の作品を制作しました。

9日間という短い期間で、テーマを独自に解釈し、作品の構想を練り、制作を行い、作品を完成させる。

今回の課題は、スケジューリングする力と、どの工程と優先するか・素材にこだわるか・時間にこだわるか、というような取捨選択する力をつけるきっかけになったのではないかと思います。学生の皆さん、ひとまず、お疲れ様でした!

                                        (大塚:スタッフ)

 

 

関連記事

<127128129130131>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。