環境デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年6月19日  授業風景

【環境デザイン学科】1回生・環境デザイン特講I・ミュージアム見学

6月14日(金)に1回生「環境デザイン特講I」が実施されました。今回は愛知県常滑市の「INAXライブミュージアム」と愛知県豊田市の「豊田市美術館」のふたつのミュージアムの見学です。

 

「豊田市美術館」の見学は、現代美術とインテリア、建築、ランドスケープがひとつながりになった、環境デザインの優れた事例を体験する貴重な機会となりました。企画展示室では「フランシス・ベーコン展」を鑑賞。また、現地のランドスケープデザインにPeter Walker and Partnersの設計担当者として携わった河合健先生による詳しい解説も行われました。写真は常設展示室(上)、前庭からの美術館全景(中)、前庭北側での解説の様子(下)です。

 

130614-toyota03

130614-toyota01

130614-toyota02

「INAXライブミュージアム」では環境デザインとの関わりの深いタイルなどの内外装陶器や設備衛生陶器の様々なバリエーションや歴史、製造工程について学ぶことができました。写真は世界の様々なタイルの展示(左上)、明治から昭和にかけて製造された衛生陶器の数々(右上)、土管などを製造するために使用された巨大な窯(左下)、F・L・ライト設計の旧帝国ホテルに用いられたテラコッタタイル張の柱(右下)です。

 

130614-inax04130614-inax01130614-inax03130614-inax02

関連記事

<131132133134135>

コース・分野を選択してください

LINK

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。