映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年12月18日  ニュース

2017年度卒業制作合評が行われました

映画学科の2017年度卒制合評が16日(土)、17日(日)の2日間、Aスタジオにおいて開催されました。

 

IMG_5912

 

今期上映されたのは以下の6作品です。(上映順)

 

竹内祐一監督『AWAY』

細川那奈・大野賀世・ペピト レアンドロ ジェイ監督『たからものばこ』

工藤梨穂監督『オーファンズブルース』

植木咲楽監督『カルチェ』

中村瞳太監督『彷徨う五本指』

栗原翔監督『しかと青くあれ』

 

IMG_6533

 

脚本、論文などの執筆系も提出されました。

 

松見育穂さん(脚本)『硝子の涕』『Ellie』『箱の中の小さな青』

閤師沙也華さん(論文)『善悪の彼岸』

大野智也さん(脚本)『EXPO』

宇佐美小晴さん(脚本)『クジラのスプーン』

西嶋美土里さん(論文)『ルシール・アザリロヴィック監督作品における境界線』

 

IMG_6096

 

また例年通り多くのゲストの方々にお越しいただきました。

 

椎井友紀子氏(プロデューサー)

高橋伴明氏(映画監督)

篠崎誠氏(映画監督)

仙頭武則氏(プロデューサー・映画監督)

直井卓俊氏(プロデューサー)

安倍照雄氏(シナリオライター)

浅利宏氏(助監督)

西尾健太郎氏(VFXプロデューサー)

 

学生たちにとってとても有意義なご意見を受けたまわり、ありがとうございました。

 

IMG_6391

 

これも例年通り、Bスタジオでも映画を同時上映し、講評も実況中継され、下回生の学生たちとも意見交換をしました。

 

IMG_6246

 

上映された作品は、執筆系も含めて、今回の合評を踏まえて卒展に向けてブラッシュアップされていくことと思います。

 

IMG_6279

 

皆さま、ぜひこれらの作品を観に卒展にお越しください。

また今期は東京卒展も開催されます。

 

本学卒展 2月10日(土)~18日(日)

東京卒展 2月22日(木)~26日(月)

 

よろしくお願いします。

 

IMG_6428

 

 

関連記事

<347348349350351>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。