映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2018年2月19日  ニュース

「北白川派」=鈴木卓爾組『嵐電』オールスタッフ打ち合わせ

映画学科「北白川派」第6弾=鈴木卓爾監督『嵐電』のクランクインを前に、お祓い、オールスタッフ打ち合わせが、昨日217日(土)に「東映京都撮影所」内で行われました。

 

01

 

「北白川派」とはプロのスタッフ、キャストと学生が協働して劇場公開映画を作る、映画学科のプロジェクトです。

 

今回は「東映京都撮影所」の協力のもと、スタッフルームを撮影所内に設け、明日2月20日(火)にクランクインします。

 

02

 

オールスタッフ打ち合わせでは、監督補の浅利宏さんの進行のもと、20名を超える学生スタッフが緊張の面持ちで最後の確認作業を行いました。

 

04

 

また明日のクランクインを前に、技術スタッフは最終的な機材点検を行いました。

 

IMG_1061

 

いよいよ明日クランクインです。

 

どんな作品が出来上がるのか今から楽しみで仕方ありません。

 

公開は2019年初夏を予定しています。

 

ご期待下さい!!

関連記事

<289290291292293>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。