環境デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2018年4月27日  ニュース

<ブラタモリ>加藤友規先生ご出演!

 

明日28日放送のブラタモリに、環境デザイン学科教授の加藤友規先生がご出演されます^^

 

 

加藤先生は植弥加藤造園株式会社の代表取締役社長で、京都の名だたるお庭をたくさん手がけられている先生です!

 

ブラタモリ番組HPはこちら

 

#102 京都・東山 ~美しき“ニッポン”の始まりは 東山の奥にあり!?~

総合 2018年4月28日(土)午後7時30分~8時15分

ブラタモリ、京都へ!
新たに林田理沙アナウンサーをパートナーに、タモリさんが旅するのは京都・東山。
京都盆地の東にそびえ、清水寺や南禅寺など、番組でもおなじみの観光名所がいっぱいの東山。その中でも銀閣寺や哲学の道がある東山の北部は、いわば「奥東山」とでもいうような地域。たしかに風光明媚な場所ではありますが、でもそこが「美しきニッポン」の始まり・・・っていったいどういうことなんでしょう? 
2回目のスタートは川のほとり。そこから見える京都夏の風物詩・五山の送り火でおなじみ「大文字山」。高く切り立った山の形が、日本の和風庭園・枯山水の誕生に関わっている・・・って一体どういう事?さらにタモリさん“枯山水づくり”に挑戦!はたしてその結果は?そして奥東山の人気スポット・哲学の道へ。明治時代、京都復活の切り札だった一大プロジェクト、琵琶湖疏水が「美しきニッポン」に与えた影響とは?“ガイドブックにのっていない”美しい庭園で、タモリさんが気づいた驚きの事実とは?

 

以上番組HPより抜粋

 

 

放送が楽しみで、1週間前から録画しておきました!

 

みなさんも是非ご覧ください^^

 

 

関連記事

<6768697071>

コース・分野を選択してください

LINK

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。