映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2019年4月10日  ニュース

1回生全員履修「映画演出制作基礎I」スタート!!

本日4月10日(水)より映画学科での授業が始まり、1限から1回生全員履修の「映画演出制作基礎I」がスタートしました!!

 

今日は6つのクラスに分かれて自己紹介やスケジュールの説明、映画制作についてのレクチャーなどが行われた後、シナリオが各自に渡されました。

 

IMG_5601

 

この授業は映画学科へ入学しての最初の授業ですが、先ず機材の使い方や演出、演技を解らないなりにも映画を撮ってみようと言う試みです。

 

IMG_5605

 

脚本をしっかり読み込み、みんなで話し合い、触ったことのない機材を扱い、人前で演じる、その過程の中から自分のやりたいこと、不足している学ばなければならないことなど、数多くの発見をしていく授業です。

 

IMG_5610

 

午後からは脚本領域を担当する江頭美智留先生の講義があり、新入生たちはメモを取ったり、真剣に聞き入っていました。

 

IMG_5633

 

前期の終盤には実際に撮影をして試写をしますが、それまでにこの授業を通じてどんな発見や学びがあるのでしょうか。

 

完成された作品を観るのが今からとても楽しみです!!

 

IMG_5634

 

どうか先輩たち同様、13期生たちのこれからに期待して下さい!!

 

 

 

 

関連記事

<99100101102103>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。