プロダクトデザイン学科

ABOUT

プロダクトデザイン学科は、モノや仕組みの”用と美”を研め、人と道具、人と社会や環境との 最適の関係を学び、導き出し、 これらを商品として形象化,具現化する能力の修得を目指します。
併せてこれらの活動を通じて、社会性並びに人間性の涵養を目指し、 美しく快適な生活の実現と社会への 貢献が適う人材育成と、プロフェッショナルへの道を拓きます。

学科運営ホームページ

NEW ENTRY / BLOGRSS

NEW ENTRY / GALLERY

記事はありません

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。