プロダクトデザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2017年12月8日  イベント

アロマテラピー勉強会*

 

 

みなさん、こんにちは!

 

急に寒くなってきましたね。 みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

 

寒くなると空気が澄んで、プロダクトデザイン学科のある松麟館から眺める景色や夜空がとても綺麗なのです☆

冬も素敵だな~と思ったりしつつも、朝は寒すぎて、お布団から出るのに必死ですね。

 

 

さて、みなさん!

突然ですが “香り”はお好きですか?

香水、アロマ、お香、柔軟剤…私達の身近にはたくさんの香りがありますよね*

 

先日、色彩学で講師をご担当いただいている石川綾子先生をお招きし、“香り”をテーマにお話をいただきました。

なんと、石川先生は“色のエキスパート”でもあり、アロマ教室を開かれている“香りのエキスパート”でもあるのです*

 

pd_171204b

今回は、4年生が“香り”をテーマにした卒業制作をしていることもあり、石川先生に“香りがもたらす効果”や

“香りによる空間デザイン”について、ご教示いただきました。

 

実際に石川先生も、奈良県にあるホテルを香りで演出されているとのこと!

香りでブランディングすることができる、というのも面白いですよね。

 

pd_171204c

 

香りが持つさまざまな種類や効果をひとつひとつ丁寧に教えていただき、

学生達もとても興味深そうに聞き入っていました◎

 

pd_171204d

 

勉強会の最後は、実習!

実際に自分達でアロマを調合して、オリジナルのルームスプレーを作ってみます。

 

pd_171204e

みんなそれぞれ好みのアロマオイルを調合し、思い切り楽しんでいました◎

出来上がった香りを早速試してみたり、お互いに交換したりして、大盛り上がり!

ちなみに、私は ラベンダー3滴、オレンジ1滴、ゼラニウム1滴 で、甘い香りに仕上げました~*

 

“香り”の歴史は古く、平安時代にはもう“香りを嗜む”という記録があるそうです。

移り行く歴史の中で香りの文化も変遷を辿り、今ではたくさんの香りを、色々な方法で

楽しむことができる時代になりましたね◎

 

好きな香りで癒されたり、ある人のことを思い出したり、何かをイメージしたり…

香りって面白いものだな~と実感する勉強会でした。

 

みなさんも是非“香り”を気にしながら街中を歩いてみると、新たな発見があるかもしれません*

  • LINEで送る

2017年11月18日  イベント

ボタン勉強会 成果展*

 

 

みなさん、こんにちは

 

急に冷え込んできましたね!

いよいよ冬の到来!といったところでしょうか。

クリスマス装飾や雑貨で溢れかえるこの時期、街中が華やかな雰囲気に包まれるので、

自然と気持ちもウキウキしてきますね

 

さて、少し前に “ボタン勉強会” のブログ記事の中で、成果展を行いますよ~◎(勉強会 ブログ記事はコチラ

とお話していましたが、その成果展が人間館1階でスタートしました!

 

pd_171117b

 

  ▼△ “ボタンと人との新しい関係展” △▼ 

   2017年11月14日(火)~12月8日(金)

 

pd_171117c

 

たくさんの方が成果展に足を止めてくださり、嬉しい気持ちでいっぱいです◎

この勉強会を行った目的や意図、なぜボタンなのか、についてもご紹介していますよ。

 

pd_171117d

 

学生がデザインしたボタンを、そのイメージに合うシャツに付けて展示をしています。

このボタンはどういう想いが込められているかな~と、11つ細かく観察していただくと、

面白い発見があるかもしれません

 

pd_171117e

 

“ボタン”という小さなプロダクトですが、日常生活で私達が身近に触れるものであり、

たくさんの意味を込めることが出来る存在でもあります。

学生達が小さなボタンに込めた想いが、みなさんに少しでも伝わると嬉しいです◎

 

pd_171117f

 

勉強会に参加した学生達数名と先生で記念にパチリ 多くの人に見てもらえるといいですね~

 

みなさんもお近くに越しの際は、是非お立ち寄りください!

アンケートも実施していますので、学生達に素直な感想を伝えてみてはいかがでしょうか*

  • LINEで送る

2017年10月12日  イベント

フードコロシアム*店舗賞 受賞!

 

みなさん、こんにちは*

 

9月に行われました大瓜生山祭で人気のあるブースのひとつ、“学科対抗フードコロシアム(飲食ブース)”で

嬉しいことがありました!

 

今年のフーコロでは、プロダクトデザイン学科からは「ガレット」「パンプキンスープ」を提供しました!

 

みなさま、お買い上げいただきましたでしょうか??

学生達が一生懸命に試作を作って研究していたこともあり、どちらもとても美味しく仕上がっていました◎

 

そして!

 

どの学科よりもひときわ目を引いていたのは(贔屓目入ってません!)店舗デザイン

テーマ設定からロゴ、店舗、メニュー表に至るまで、とてもこだわった仕様になっていたことに驚きでした◎

当日はみんなでおそろいのロゴ入りエプロンをつけて、頑張ってくれていました

 

pd_171011b

 

台風で2日目が中止になるなど、色々なことが起きたフーコロでしたが、先日表彰式が行われました。

プロダクトの売り上げは…上位には食い込むことができず、残念でしたが…

 

なんと、「店舗賞」をいただきました!!!!!

わーい!嬉しい!!!!

 

フーコロを通して困ったこと、大変だったこと、悔しかったこと、嬉しかったこと、たくさんのことを

経験してくれたことと思いますが、そんな学生達の頑張りが少しでも報われたような気がして、

この報告を聞いた時はとても感激しました◎

 

フーコロメンバーのみなさん、お疲れさまでした!

本当によく頑張ってくれたと思いますよ◎

来年フーコロメンバーになった子達に、是非アドバイスしてあげてくださいね。

 

来年はどうなることやら…1年後が楽しみです

 

  • LINEで送る

2017年10月6日  イベント

村田先生講演会 *「行為のデザイン」思考法

 

みなさん、こんにちは!

 

もうすっかり寒くなってきましたね~

特に朝晩はとても肌寒く、我が家ではブランケットに包まる日々が始まりました。

本格的な冬の到来が恐ろしい…

 

さて、昨日はハーズ実験デザイン研究所の代表取締役でもあり、本学科の客員教授でもある

村田智明先生のシリーズ講演会が行われました◎

 

pd_171006b

 

2回目のテーマは「『行為のデザイン』思考法を語る!」

 

ということで、人の行動に着目し、改善点を見つけて、より良く新しいデザインやカタチを生み出していく

デザインマネジメントのお話をご講演いただきました。

 

リビングに出したままでも違和感のないスタイリッシュな脚立、注ぐときに自然と手を添えるように

デザインされたトックリ、絡まるコードを解決するコンセント等、人の行為のバグを改善する

デザイン方法を、ご自身が生み出されたデザインと合わせてご紹介いただきました。

 

pd_171006c

 

面白みのある着眼点から、より良いデザインが生み出されていく様子はとても興味深く、

学生達とコミュニケーションを取りながら講演をされていたこともあり、学生達にとっても

楽しく捉えやすい内容だったようです。

 

次回でついにシリーズ講演会もラストです!

その様子はまたこちらでご紹介させていただきますね。

 

それでは、また

  • LINEで送る

2017年9月29日  イベント

学生作品展*「暮らしのおくりもの」

 

みなさん、こんにちは!

少しご無沙汰になってしまいました。みなさん、いかがお過ごしですか??

 

もうすっかり秋めいた空気になってきましたね~

朝晩とお昼間の気温の変化が激しく、私は少し風邪を引いてしまったような・・・

気がするのですが(鼻に不具合が発生中)、気のせいだと自分に言い聞かせつつ、

今日も元気いっぱいに過ごしたいと思います◎

 

さて、少し前のことになりましたが、9月16日(土)、18日(月)に学生作品展が開催されました!

 

pd_170918b

 

台風の影響で、17日(日)が中止になってしまい、とても残念でしたが、それでもたくさんの方に

お越しいただきました。 ご来場いただいたみなさま、本当にありがとうございました

 

pd_170918d

 

今回のテーマは、「暮らしのおくりもの」

前期授業で制作した作品の数々を、カテゴリーごとに分けて作品展示していました。

 

pd_170918c

 

こちらは来場者のみなさんに配布していた広報担当特製のDM達。

温かみのあるボール紙に、学生がデザインしたロゴをレーザー加工機で1枚ずつ作成しました。

とても愛らしいので、私も机に飾っています!

 

pd_170918e

 

教室の奥では、学生作品の販売も行っていました~

こちらは手作り市に出店した作品をみんながさらにブラッシュアップしていたこともあり、

売り切れする作品も続出でした◎

 

pd_170918f

 

3年生のポートフォリオ(作品集)も自由に中身を閲覧できる状態にセッティング。

ここの受験を考えてくれている高校生達にとって、授業内容や学生の活動記録が垣間見れる

良い機会になったのではないでしょうか。

 

pd_170918g

 

3年生がコンセプトから展示方法、広報活動まで、とても頑張ってくれたおかげで、

密度の濃い学生作品展になったのではないかな、と学生達に心から拍手です。

本当にお疲れさまでした!

 

この経験が、良い面、反省する面、何かしら学生達の中に残るものであってほしいなと願うばかりです。

 

お足元が悪い中、ご来場いただきましたみなさん、改めてありがとうございました!

1 2 3 11

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。