情報デザイン学科

日常風景

  • LINEで送る

2015年7月6日  日常風景

研究室の前にショップがオープン?

 

最近、情報デザイン研究室の前に、気になるショップがオープンしました!

_MG_9237

 

「ん?研究室の前にショップ?」

と思いませんでしたか? 研究室スタッフは思いましたよ!

 

そこで、どんなお店なのかを調べてきました。

 

その名も「無人商店」。

IMG_2783_2

 

ちょうど開店前のディスプレイ準備中だった企画者たちに、直撃取材です。

_MG_9228

「無人商店」は、情Dコース3年生の池川瑞貴さん(写真 中央)、山本将平くん(写真 左)たちが企画したお店だそうです。

可動式のディスプレイ台をつくり、出品者を募集して、出店料と引換えに

手作りの品などを自由に販売してもらおうというこの企画。

もともとは授業の課題として考えた案を、いまは自主企画として試験運用中のようです。

 

今回の出展者である情Dコース3年生の黒川鴨哉くんも、

自作の品々を売るとあって、ディスプレイ作業に熱が入ります!

_MG_9233

 

_MG_9218

革製品やポストカードやCDアルバムまで!なんとも多彩なラインナップです。

無人でも安全に販売ができるよう、お金の投入口など、台にもたくさん工夫がされています。

 

4枚

作りたいひと、買いたいひと、それを繋げたいひと。

このナイスなチャレンジを通じて、それぞれの人に素敵な出会いがあるといいですね!

 

 

「無人商店」では引き続き出品者を募集しているそうです。

気になった情D学生は、お店に設置されているハガキから応募してみてください◎

IMG_2785

 

スタッフ:森川

—————————-

7月12日は一日体験入学の日!

情報デザインコース・イラストレーションコースの普段の授業の

雰囲気が体験できるこの機会に、是非参加してみよう!

詳しくは京都造形芸術大学 ホームページで。

—————————-

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

<218219220221222>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。