環境デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2020年3月17日  ニュース

StamP!19期 最終発表!

先日学内にて、リアルワークプロジェクトStamP!19期の最終発表がありました^^

 

DSC00072

 

↑個性的なヴィジュアルで訴えかけてくる1年生の大塚君。

 

前回の特別賞受賞者です!

 

 

 

 

DSC00068 DSC00069

 

↑こちらは「どのま」という作品を提案した同じく1年生の宮村君。

 

土間風に仕上げた床の上に、タングラムで構成された床を自由な形で配置できる、という案です。

 

 

DSC00075

 

↑こちらは3年生の三浦さんの作品。

 

模型がすごく可愛くて、説得力があります!

 

 

 

そのほか沢山の作品を株式会社長栄さまのホームページにて、公開中です。

 

気に入ったプランの右上にある「♥(いいね)」ボタンをクリック!で投票することが出来ます^^

 

最終表彰の参考になるそうです♪

 

 

みなさまの投票、お待ちしております!

  • LINEで送る

2020年2月28日  ニュース

【中止のお知らせ】みたて展について

先日ブログでお知らせしていたみたて展についてお知らせです。

 

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、

2020/03/18-03/23に開催予定をしていたみたて展を中止することに致しました。

 

終息の目途が立ち次第、延期についての検討をする予定です。

 

楽しみにお待ちいただいておりました皆様には、ご迷惑をお掛けすることとなりますが、

感染の拡大を収束するべく、このような判断とさせていただきました。何卒ご理解を賜りますようお願いいたします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こんにちは、環境デザイン学科です!!

 

 

 

本日は来月に迫った「みたて展」の告知をしていきます

 

 

 

まず「みたて」とは…、

 

とあるものを別のものになぞらえて表現する芸術技法のこと。

 

この展覧会では、

 

その「みたて」をテーマに学生がデザインしたインテリアを展示しております!!

 

 

 

ひとつひとつ手作業で作ったものもあれば、

 

発注を行いプロの方とともに制作したものもあります。

 

出展作品はすべてで7作品

 

その中から3作品の一部分がこちらです!!

 

 

 

みたて_ページ_7

 

みたて_ページ_4

 

みたて_ページ_1

 

 

 

いったい何を見立てたのか…。

 

どのように使うものなのか…。

 

 

 

ぜひ、実際に見て触って楽しみながら体験していただきたいです

 

会場には、当番制ですが作者の学生も居りますので、

 

気軽に話しかけてください^^

 

 

 

▼▽▼▽▼みたて展に関する詳細は下記です▼▽▼▽▼

 

 

「みたて展」

 

日程:2020/03/18-03/23

 

時間:11時-19時

 

会場:アートギャラリー北野 1階

  ――――――――――――――――――――――――

   〒604-8005

   京都市中京区三条通河原町東入ル恵比須町439-4

   コーカビル

  ――――――――――――――――――――――――

 

 

 

△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△

 

 

みなさまのお越しを心よりお待ちしております🙌

  • LINEで送る

2020年2月14日  ニュース

<卒業展>受賞者発表!

こんにちは。環境デザイン学科です(^^)/

 

只今学内は卒業展会期真っただ中。

 

 

先週2/9(日)は、ゲスト審査員の石川初先生をお招きして講評会を行いました!!

 

環境デザイン学科では毎年、学外からゲストをお招きして卒展の賞を決めていただいています。

 

 

IMG_2832 IMG_2833

 

石川先生、卒展会場にて4時間もかけて全員の作品をみてくださいました!!

 

その後、選出された学生が別会場にて発表を行い、賞が決まります。

 

IMG_2791

 

そしてついに、受賞者発表!!

 

 

 

栄えある学長賞は・・・・

 

IMGP0463編

 

中山賢司「川と人の風土史」

 

 

 

 

そして、優秀賞は、

 

IMGP0475編

 

檜垣綾夏「絵から考える建築」

 

 

奨励賞

 LEE JANGHO「「雲を抜けた月のように—中之島公園を照らす屋台街—」 

 生駒夢叶「STAYTION—Stay×Station—」

 大前風花「団地リノベーション計画」

 白坂奈緒子「緒 – TSUGU -」

 田口悠平「Street Poetry」

 中西優季「じどうかんとしょうてんがい」

 西野彩美「自然としての建築」

 房川修英「習作①」

 横関貴美子「侵食する/される建築」

 

 

審査員特別賞

 新正華子「夢の街」

 白坂奈緒子「緒 – TSUGU -」

 田口悠平「Street Poetry」

 中西優季「じどうかんとしょうてんがい」

 

 

暦星賞

 佐藤開「Space Editorial Design」

 

 

同窓会特別賞

 阿部佳介「速度交差点」

 

 

 

以上、14名が受賞しました!!

 

みなさんおめでとうございます!

 

IMG_2830

 

石川先生と受賞者のみなさんで記念撮影(*^^*)

 

 

 

卒展は2/16(日)まで!今週末は是非京都造形芸術大学へお越しください~~🎵

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2020年2月5日  ニュース

卒展準備中です!

こんにちは。環境デザイン学科です(^^♪

 

ただいま学内は、今週末から始まる卒業展に向けて一斉に準備を行っています!

 

IMG_2763

 

 

IMG_2764

 

 

環境デザイン学科のメイン会場となる人間館1階のラウンジとNA102の様子です。

 

完成が近づいています!!

 

 

IMG_2762 IMG_2761

 

こちらはエリア外、新しく出来た望天館で展示する作品です。

 

まだ展示がどうなるか未知数ですね。楽しみです(#^^#)

 

 

 

今年の環Dは、メイン会場以外での展示が非常に多いです!

 

学内の至る場所で環境デザイン学科の作品に出合えるので、ぜひ探してみてください🎵

 

 

 

卒展の詳しい情報は、特設サイトをご覧ください(^^)/

 

 

京都造形芸術大学2019卒業展

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2019年12月19日  ニュース

【卒業制作】審査会を行ないました!!

みなさんこんにちは^^

 

環境デザイン学科です!

 

 

 

先週末は、環境デザイン学科4年生の卒業制作本審査会が行なわれました!

 

IMG_1872

 

専任教員に加え、ゲストの先生方にも来て頂き、

5分間の発表と7分間の質疑応答による審査を行なってゆきます。

 

IMG_1880

 

Oさん、特大図面とリアルな模型で迫力満点です!

 

 

 

IMG_1913

Fくんは実作案を計画しており、

 

発表の中で城戸崎先生にシルクスクリーン体験をしてもらうというパフォーマンスをしていました!

 

 

 

IMG_1889

 

Sくんは身体表現と環境デザインを掛け合わせた作品作りをしていました。

 

今までにないプレゼンテーションが新鮮でした!

 

 

 

2日間長丁場でしたが、下級生や卒業生も沢山見に来てくれて

大いに盛り上がった審査会でした♪

 

2月の卒業展までに4年生がどうブラッシュアップしていくか楽しみです!

 

 

 

===「はじめての、1day!! 芸大体験」======================

 

芸大への進学を迷っている人、「私でも大丈夫かな」と自信を持てずにいる人、

コースを決める事ができない人にぜひ参加して欲しいと思っています。

はじめは不安で分からない事だらけかもしれませんが、一歩を踏み出すことで先が見えてきます。

そんな皆さんのはじめてを応援します。

 

環境デザイン学科は12/22(日)に体験授業を行います^^

 

「ペーパータワー🗼」

ケント紙を使って、タワーを作ります!

限られた材料で部材や接合部の強度も考えながら構造物を作るには、さまざまな工夫が必要です。

グループのみんなで知恵を出し合い、1番高く美しいタワーを作りましょう♪

人間がなぜ塔を作ろうと考えたか…、その秘密が分かるかもしれません!

 

みなさんの参加をお持ちしております!!!

ご予約はこちら!!

 

========================================

1 2 3 15

コース・分野を選択してください

LINK

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。