大学院

イベント

  • LINEで送る

2020年7月31日  イベント

WEB SPURT 2020 開催のお知らせ

こんにちは、大学院準備室です。

今日近畿地方の梅雨明けが発表されました。夏本番ですね。

熱中症にもお気をつけください。

 

現在大学院では、WEB SPURT展に向けてWEB制作中です。

来週からいよいよ公開します!

今まで見に行きたくても来られなかった方、京都近辺におられる方も!

今回はWEB公開となりますので、どしどしお越しくださいませ☆彡

ぜひともご高覧くださいますよう、お願い申し上げます。

 

・・・

 

WEB SPURT 2020

Spurt-01

 

 

WEB SPURT 2020

−京都造形芸術大学大学院 芸術研究科芸術表現専攻 修士2回生 作品展

公開日: 2020年8月3日(月)12:00〜17日(月)18:00

会場:京都芸術大学WEB

 

出展作家: 大学院 芸術研究科 芸術表現専攻2年次生70名

※バナーデザイン:ガルシア ラモス ルドウィン エマヌエル(M2/デザイン領域)

 

・・・

 

 SPURT展とは、京都芸術大学大学院芸術研究科芸術専攻(修士課程)2年次生達が、本来ならばギャルリ・オーブ(Aube:フランス語で「夜明け」の意)にて、その集大成である修了制作・研究に向けて、作品表現の最終的な方向性を確認する、すなわちSPURTをかけるための展覧会です。この展覧会への出展を通して、学内外を問わず領域を超えて、教員や訪問者の方々から広く作品へのコメントやアドバイスを受けることにより、院生各自の視野は深められ、鍛えられて、最終成果への道筋を見出してゆくことになる、重要な意義を持った展覧会です。

 今年度はこのSPURT展が、新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、WEB上で開催されることとなりました。本専攻にとってもちろん初めての試みであり、WEB上で開催すること自体が全く当初の予定にはなく、4月以降の感染急拡大を受けて急きょ決定されました。「年度計画になくしかも未経験の領域に乗り出すのか」。中止という選択肢もありました。しかし、不自由なオンライン授業になっても、これまでと変わらぬ真摯な姿勢で学修に取り組む院生の皆さんの姿を見て、WEB上であっても展覧会を実施することによって得られるであろう未知の学びの方に賭けてみようという教員陣の意向となりました。

 専攻自体にとっては未経験のことではありましたが、本学全体を見渡してみると、本学のもう一つの柱である通信課程において、「WEB卒展」をはじめ既に数年にわたるオンラインでの実践経験が蓄積されており、また発信のためのプラットフォームとしては「瓜生通信」もWEB化が進められていました。このWEB SPURT展は、通信課程と「瓜生通信」における経験と蓄積に支えられています。それは、今世紀の初頭から本学が進めてきた教育に関する多様な取り組みが、この危機において、支え合える強さとして機能してきているのではないかとも感じさせてくれます。

 本展覧会の準備は、各領域とグローバルゼミの代表院生と共に、5月以来毎週オンラインでのミーティングの機会を持って進められてきました。代表院生の中には日本に戻ってくることができず、遠くイランから参加してくれた院生もいます。梅雨空に曇る夕方の京都の画面の中で、イランの院生の部屋にはいつも昼下がりの陽光が差し込んでいました。日本とはどこか違う風土を感じさせるその陽光の明るさとは裏腹に、その院生からは「家の外は大変です」との言葉が返ってきました。地球規模での戦いが進行していることを実感させられました。

 コロナウィルスとのこの長い戦いの中にあっても本展覧会は、次の夜明け(Aube)に向けて淡々と、院生の皆さんと共に芸術的確信を持って前進してゆきます。生きている限り明日の朝がイメージできるのと同じように淡々と_。

 

 

京都芸術大学大学院 芸術研究科 芸術専攻 修士専攻長

河合 健

 

  • LINEで送る

2020年7月1日  イベント

在学院生の展覧会(6/26-8/1)のお知らせ

こんにちは、大学院準備室です。

在学院生の展覧会情報をお知らせします。

お知らせする展覧会場では、ギャラリー空間の換気を行ってくださっているようです。

新型コロナウィルス感染症に熱中症に、ひとりひとりが気をつけて行動しましょう。

 

・・・

 

御村 紗也 Saya Mimuraさん(修士1回生)が、ディレクターズセレクション展「FOCUS -Four Painters-」に選出されています。会場写真は、御村紗也さんの展示風景です。

また、こちらの展覧会には、2013年修了生の和田 直祐 Naosuke Wada さんも選出されています。

 

 

 

ディレクターズセレクション展「FOCUS -Four Painters-」

mimura_03

 

 

mimura_01mimura_02

 

 

 

 

 

会期:2020.06.26(金) – 2020.08.01(土)

   OPEN : 火 – 土 | 12:00 – 19:00
   CLOSED : 日曜日、月曜日、祝日

会場:TEZUKAYAMA GALLERY

   〒550–0015 大阪府大阪市西区南堀江1–19–27 山崎ビル2F

ギャラリーHP:https://tezukayama-g.com/current-exhibition/

プレスリリース(PDF):FOCUS -Four Painters-

 

・・・

 

TEZUKAYAMA GALLERYでは、ディレクターズセレクション展「FOCUS -Four Painters-」を開催いたします。
今展では、ギャラリーでの展覧会企画を行っている各ディレクターが独自の観点でアーティストを2名ずつ選出し、紹介いたします。
手法やコンセプトも各々異なる4名ですが、共通して独自の表現方法を探求し、「絵画」を制作しています。
今後の活躍が期待される若手アーティスト4名の共演、是非ご期待下さいませ。

 

 

御村 紗也 | Saya Mimura
1997年、三重県生まれ。 現在は京都芸術大学修士課程に在籍中。
日に照らされてできた影、風に揺れる木々の音、肌で感じる温度、空気の香り。
日常に溢れる些細な情景や現象をドローイングや写真に保存し、更にシルクスクリーンやペインティングに置き換えて描き出すことで「刹那的な時間」を画面に留める。白昼夢のような浮遊感ある作風と、洗練された描線、柔らかな色彩が魅力的な作品だ。

 

 

和田 直祐 | Naosuke Wada
1983年、兵庫県生まれ。
2013年、京都造形芸術大学大学院修士課程芸術研究科芸術表現専攻ペインティング領域を卒業。
「グレーズ」という薄く溶いた絵具を幾層にも塗り重ねて表現する古典技法を参照し、それを現代的なメディウムに置き換えて制作を行う。光と空間をテーマにし、レイヤーを高透明の樹脂塗料を用いて構築することで、透過効果による流動性を伴う絵画の創出を試みる。幾重にも重ねられたレイヤーの形や色が、時間や場所によって変化する光を取り込み続け内部に内包する事で、鑑賞される度に作品は微量に変化する。

(ギャラリーHPより引用)

 

  • LINEで送る

2019年10月25日  イベント

HOP 2019 開催のお知らせ

いよいよ来週10月31日(木)からは、HOP展 2019がはじまります!

ぜひご高覧ください。

 

・・・

 

HOP 2019

HOP.DM-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HOP.DM-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HOP(ホップ)展 2019 −京都造形芸術大学大学院 芸術研究科芸術専攻 修士1年生 作品展

会 期:2019年10月31日(木)〜11月11日(月) 10:00〜18:00

    会期中無休

会 場:Galerie Aube ギャルリ・オーブ

   (京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス 人間館1階)

 

出展作家: 大学院 芸術研究科 芸術専攻1年次生 69名

 

  • LINEで送る

2018年7月2日  イベント

– 在学生のワークショップ –

こんにちは

今日は大学院 芸術研究科デザイン領域修士2年の 河野ひかる さんよる素敵なワークショップのお誘いです。

 

 

ろくろ舎様WS1

 

企画名 mingei+○「うるしのうつわでたべること」

 

・内容 

日本の伝統産業や工芸を次世代に伝えるために、民藝の思想を用いてミレニアル世代以降に向けたワークショップやイベントの企画を行なっています。民藝とは、民藝品そのもののことを指すのではなく、時代の流れに逆らって自分の価値観でモノを見つめた「思想」だと捉えています。誰かの「いいね」に価値基準を預けず、自分でいいと思ったものをいいと言えること、子どもの頃に伝統産業や工芸品に触れることによって、将来大人になった時に購入の選択肢の一つとなることを目的に活動をしています。

 

このワークショップでは、漆器の産地福井県鯖江市から木地職人の方をお呼びし、器ができるまでのお話を聞き、職人さんが作った器でお味噌汁を召し上がっていただきます。

 

漆の器特有の口当たりの良さをぜひ体験してみませんか?

 

 

お申し込みはmingei.to@gmail.com

お名前、メールアドレス、参加人数をご記入の上メールをお送りください。

 

 

・日時 7月7日(土) 10:00-12:00

 

・場所 アトリエ円卓 

(京都市バス 千本中立売下車3分)

浄福寺通中立売上る東西俵屋町159-4

twitter  

facebook  

 

・参加費 ひとり3500円

 

 

 

目や舌から、色々な刺激をうける体験になるのではないでしょうか?

ぜひご参加ください。

  • LINEで送る

2018年6月5日  イベント

Ordinary Children of the 20th Century

京都造形芸術大学 新鋭教員選抜展

Ordinary Children of the 20th Century

 

日時 6月6日(水)~17日(日)11:00~18:00
   会期中無休

 

場所 人間館1階 ギャルリ・オーブ

606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116  TEL 075-791-9122

詳しくはこちら

 

出展者
池田光弘(美術工芸学科)  大庭大介(大学院芸術研究科)  勝又公仁彦(通信教育部美術科)

河野愛(美術工芸学科)  鬼頭健吾(大学院芸術研究科)  小金沢健人(大学院芸術研究科客員教授)

髙橋耕平(美術工芸学科)  彦坂敏昭(こども芸術学科)  見増勇介(情報デザイン学科)

八木良太(空間演出デザイン学科)  山本太郎(美術工芸学科)

 

 

20180605175535-DocuCentre-VI C2271(132357)-9628-180605175555

20180605175605-DocuCentre-VI C2271(132357)-9629-180605175619

 

 

ーーーーーー

 

 京都造形芸術大学に大学院が設置された1996年4月を前に、当時の学長・岡本道雄先生は、広視野性と関連思考力、洞察力、構想力が重視される大学院によって、時代を動かす人材育成への期待を述べられました。また、この高次な目的を実現するためには「徒弟制度で良い」とも発言されています。芸術による平和実現を希求する本学において、特に芸術大学の主幹部であるアートの領域にとって、学生が「この教員のもとで自分もプロの作家として生きる道を切り拓く」と覚悟を決めていくことは、時代の推移や社会状況の変化にかかわらず、専門教育の重要な役割のひとつであると言えましょう。

 企画展「Ordinary Children of the 20th Century」の出展作家は、2012年以降に着任した本学教員(専任・客員)です。本展は、京都造形芸術大学の全学生に観てもらうために企画されました。もちろん、学生以外の来場者諸氏にも、今ここで21世紀に「E•X•T•R•A•ordinary」となったアーティストの現在と過去を目の当たりにしていただけることは幸運な機会であり、ぜひ多くの方にご高覧いただきたいと心から願っています。しかし、実のところ今回の展示をもっとも観たかったのは私自身であり、この大学の未来が彼らとともにあることを確信するとともに、彼らのもとで育っていく学生の姿を楽しみにしている次第です。

 

 

京都造形芸術大学大学院 芸術研究科長 佐藤博一

 

ーーーーーー

 

主催 京都造形芸術大学ギャルリ・オーブ運営委員会[本企画担当:佐藤博一]

キュレーション 鬼頭健吾

アートディレクション&デザイン 見増勇介

 

最後になりましたが、
明日からの展示になります、是非とも本学教員の「アーティストの現在と過去」をご高覧くださいませ。

 

 

1 2 3 12

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。