マンガ学科

イベント

  • LINEで送る

2013年4月3日  イベント

入学式 マンガ学科講師陣からのメッセージ

事務担当の岩田です。

 

本日、2013年度の入学式が行われました。

マンガ学科は新入生・編入生含めて54名の入学者を迎えました。

入学した皆さん、おめでとうございます。それぞれの目標に向かってがんばっていきましょう!

 

 

 

 

 

P1050427

 

入学式後は学科ごとに分かれてオリエンテーションを行いました。

マンガ学科では先生方から入学者へこんなメッセージを贈りました。

 

 

志賀公江先生

志賀公江先生

本日、元気な54名の入学生を迎えられ、嬉しく思います。

皆さん、これから大いに遊び・学んでいきましょう。

 

 

 

 

細井雄二先生

細井雄二先生

新入生の皆さんを受け持つ授業は限られていますが、

授業外でも気軽に声をかけてください。

 

 

 

 

堂野能伸先生

堂野能伸先生

マンガを発展、他分野に応用させる取り組みを行っています。

広い視野を持って学んでいきましょう。

 

 

 

 

牧野圭一先生

牧野圭一先生

石ノ森章太郎氏や手塚治虫氏と語り合った世代です。

授業を通じて、彼らと話してきたことを皆さんに伝えていきます。

 

 

 

 

倉田よしみ先生

倉田よしみ先生

私も専任教員1年目です。

皆さんも一緒にこの大学で学んでいきましょう。

 

 

 

 

ヨシカワゴエモン先生

ヨシカワゴエモン先生

1年生の授業ではおもちゃを手づくりする授業を担当します。

4年間でマンガ以外の様々な分野にも触れましょう。

 

 

 

 

寺脇研先生

寺脇研先生

この大学は総合芸術の大学です。

学生生活に慣れたら他学科とも積極的に関わっていきましょう。

 

 

 

 

牛田あや美先生

牛田あや美先生

講義系科目を担当します。

皆さんを思って厳しいことも言いますがついて来てください。

 

 

 

新入生の皆さんは4/10の授業開始まで色々な行事が詰まっています。

体調に気をつけて大学生活に慣れていきましょう。

 

 

 

 

  • LINEで送る

2013年4月2日  イベント

マンガ学科ラウンジにて、グループ展『かるわざ』開催中!

 

こんにちは。副手の齋藤です。

4月に入り、桜も満開!

新年度が始まり、大学のHPもリニューアルされてブログもこちらに移転になりました。

 

これからもマンガ学科の魅力についてお伝えしていこうと思いますので

どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

さて、現在天心館1階、マンガ学科ラウンジにてグループ展『かるわざ』が開催されています!

 

・・・・・・

 

img001

 

img002

開催期間:2013.04.02~2013.04.08

 

京都造形大、新3回生4人によるグループ展です。
学科コースとばらばら。テイストもばらばら。

どしどしきてね。

場所は大学でやってます、天心館1階です。(マンガ学科のギャラリースペースを借りてやります。)

ここの学生のひとは大学に寄ったツイデとかでも
ぜひぜひ寄っちゃってください
ほんとに寄っちゃってください。
もちろんそれ以外の方も、ぜひぜひ。

たくさんのひとが来てくれたらうれしいです。

おしまい。
マンガ学科 橋本まき

情報デザイン学科 横山かほ

こども芸術学科 辛川あみ

キャラクターデザイン学科 千いの

 

・・・・・・

 

 

かるわざ

 

 

大きな立体作品やイラストなど、見応えたっぷりです。

道路に面して建っていて、大学の中でいちばん入りやすい建物天心館の一階。

ぜひお近くにこられた際はのぞいてくださいね。

 

  • LINEで送る

2013年2月13日  イベント

ワンフェスに出展してきました!

2/10(日)はワンフェスに出展してきました!

 

chayamanga_blog_719_1
授業で制作したフィギュアや球体関節人形を展示し、多くの来場者に見ていただきました。

球体関節人形の授業は今年度が初めてで、完成するのかひやひやしていたのですが、
さすが、締切にはきちんと間に合わせてきましたね!

 

chayamanga_blog_719_5 chayamanga_blog_719_4 chayamanga_blog_719_3 chayamanga_blog_719_2

 

 

今回も、キャラクターデザイン学科での授業作品や、
学内から応募のあった個人作品も一緒に展示しました。

 

chayamanga_blog_719_7

ワンフェスはフィギュアだけでなく、造形作品なら何でもあり!な空間なので、
今後も京都造形芸術大学のブースは学科の垣根を越えて
色んな作品が集まる場になることでしょう!

 

  • LINEで送る

2013年1月7日  イベント

冬コミに出展してきました!

あけましておめでとうございます!
今年もマンガ学科の取り組みや学生の活躍など
ブログでマンガ学科の魅力を伝えていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします^^

 

 

chayamanga_blog_710_0

さて、去年の31日大晦日に行われた
コミックマーケット83にマンガ学科も参加しました!

 

編集・デザイン基礎演習という授業で、1年かけて
オリジナルの同人誌を制作しました。

 

少女マンガ・少年マンガ・青年マンガ・ファンタジー・BL・ノンジャンルの
6チームに分かれて制作をしています。

表紙のデザインも、中のレイアウトも、写植も、学生たちがしています。
印刷から製本まで、印刷会社に発注するのではなく学生たちが手作業で作りました。

そのため、自分の原稿が完成すればOK!というわけではありません。
一人でも締め切りを守らなかったら、どんどん制作進行が遅くなり、
最悪コミケに間に合わず出展できない、ということになります。

この授業を受けた学生たちは、マンガが本になるまでの過程の大変さを
自分たちで体験したので、『締め切りを守る』ということの本当の大切さが学べたのではないでしょうか。

 

普段は一人でマンガを描いているので、グループ制作の難しさや
はじめての製本作業に、学生たちが悪戦苦闘しながらも
なんとか完成させた、いろんな思いが詰まった本たちです。

 

chayamanga_blog_710_2
そんな思いがいっぱい詰まった本をいっぱいもって
はじめて参加した冬コミ。

わたしも当日会場に行ったのですが、駅からもう
人 人 人 ! ! ! !

 

chayamanga_blog_710_1

 

会場である東京ビックサイトにたどり着く前にも
屋台が出ていたり、大道芸をしている人もいたり、お祭り状態でとても賑やかだったのですが
会場はもっともっと、熱気につつまれていました!
マンガ学科のブースは西のオリジナルジャンルのところに出展していました。
緊張しながら、学生スタッフは早朝から準備をがんばっていました。

 

chayamanga_blog_710_3

 

マンガ学科として出展するのは今回がはじめてで、学生もはじめての子が多く
ブースのディスプレイやマンガの説明のポップなど改善点が多くありましたが
周りのブースを見て学ぶことがたくさんありました。

冬コミに出展して、描いたマンガを本にする過程だけでなく
第三者にマンガを読んでもらうことについても考えるきっかけになったのではないでしょうか。

 

 

また来年の冬コミにも、出展予定です。
今回学んだことを生かして、来年はもっとパワーアップできるよう
努めていきたいと思います!

  • LINEで送る

2012年12月10日  イベント

クリスマスイルミネーション!

今年もマンガ学科ラウンジ内で、
クリスマスイルミネーションを行っています!

 

chayamanga_blog_706_0
クリスマスイルミネーションは、一回生が中心で
イベント演習Ⅱを履修している学生が企画し、
表現技法基礎ⅡAを履修している学生が、イルミネーションの飾りつけを担当しています。

12月5日に、イルミネーションの点灯式と
一足早いクリスマスパーティーが行われました!

 

chayamanga_blog_706_4

chayamanga_blog_706_1 chayamanga_blog_706_2 chayamanga_blog_706_3

みんなでお菓子を食べながらおしゃべりしたり、
ビンゴゲームをしたり、プレゼント交換をしたり、
とてもたのしいパーティーとなりました。

マンガ家は、遊び心が大切。
こうやって全力で遊ぶのも、とても大切なことです!

イルミネーションは
12月6日~18日まで(土日除く)
17:00~20:00に、天心館一階マンガ学科ラウンジで行われています。

お近くの皆様、ぜひ見に遊びに来てくださいね!

1 16 17 18 19 20 24

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。