マンガ学科

イベント

  • LINEで送る

2012年9月20日  イベント

今年も京造ねぶたの季節です

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

10月6日(土)、7日(日)に
秋期コミュニケーション入試があります!

秋期コミュニケーション入試についての詳細はこちら

http://www.kyoto-art.ac.jp/admission/communication_a/index.html

エントリーが9月13日からはじまっています。
9月25日までエントリー可能です。

エントリー方法についてはこちら

http://www.kyoto-art.ac.jp/admission/communication_a/entry.html

webエントリーはこちらから可能です!

https://campusport.jp/kyoto-art13/form-comu/pc/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今年も京造ねぶたの季節になりました。
15日に点灯式でした。

 

chayamanga_blog_686_0

毎年一回生が
学科混合でチームを作り
大きなねぶたの制作に挑みます!

多くの学生が、こんなにも多くの人と協力して
こんなにも大きな作品の制作をするのは初めてなのではないでしょうか。
毎年、様々なドラマがあります。
そして終わった後、また一つ成長するのです。

 

chayamanga_blog_686_3 chayamanga_blog_686_1 chayamanga_blog_686_2

ねぶたの展示は、大学内で今週の日曜日23日までです。
学園祭に来られた際は、ちょっと暗くなるまで待って
是非ねぶたも見ていってくださいね。

  • LINEで送る

2012年9月19日  イベント

今週の土日、22日23日は学園祭です!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

10月6日(土)、7日(日)に
秋期コミュニケーション入試があります!

秋期コミュニケーション入試についての詳細はこちら
http://www.kyoto-art.ac.jp/admission/communication_a/index.html

エントリーが9月13日からはじまっています。
9月25日までエントリー可能です。

エントリー方法についてはこちら
http://www.kyoto-art.ac.jp/admission/communication_a/entry.html

webエントリーはこちらから可能です!
https://campusport.jp/kyoto-art13/form-comu/pc/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

さて、今週の土日、22日23日は学園祭
『大瓜生山祭』です!

今年の学祭も、イベント、内容もりだくさんです!
詳細は大瓜生山祭の公式サイトにて
http://大瓜生山祭.com/

マンガ学科は
天心館1階で学生作品展と
2回生の有志でカフェをします。

 

chayamanga_blog_685_1

学生作品展は本来3回生の作品の展示になるのですが
マンガ学科は新設で2回生までしかいないため、
1、2回生の優秀作品選抜展となっています。

学生作品展に展示してある作品は授業で制作したものですが
展示会場やカフェは今回テーマを『銀河旅行』として
すてきな宇宙空間にできあがっています!

——————————————————————————————

『銀河旅行』
20xx年、地球人は地上で処理しきれなくなったゴミを宇宙へ捨て始めた。
そのゴミは宇宙を汚し、星たちを困らせた。

この問題は銀河系会議でも取り上げられ、
地球人への処罰を考えた。

そんなある時、一人の宇宙人が浮かぶゴミの中から一つの紙の束を拾った。
それは地球のとある島国で作られている「マンガ」というものだった。

マンガをとても気に入った宇宙人は会議にそれを持ち込んだ。

「地球で作られているマンガというものはとても素晴らしい!」
その素晴らしさを知った星たちは是非宇宙にマンガを広めようと奮闘を開始したのだった。

——————————————————————————————

学生作品展のポスターに描かれているキャラクターたちが
それぞれの星たちになっています。

カフェでお迎えしてくれる学生も
このキャラクターそっくりの衣装でお迎えしてくれます。
(前回のブログでも紹介した、総合デザイン演習で学生が制作したものです!)

 

chayamanga_blog_685_0

作品も、展示会場も、カフェもとびっきりこだわって
天心館がまるでマンガの世界のようです!

天心館、大階段右のレンガの建物の一階です。
ぜひ皆さんあそびにきてくださいねー!

  • LINEで送る

2012年8月10日  イベント

ワンダーフェスティバル2012夏

オープンキャンパスと重なっていましたが7/29(日)には
例年参加している「ワンダーフェスティバル2012夏」が行われました。

 

chayamanga_blog_676_3

本学のマンガ学科からは授業作品を中心に展示を行いました。

 

chayamanga_blog_676_0 chayamanga_blog_676_1
前回(2012冬)から学生も会場入りしてどんどん身近なイベントになっているようです。

  • LINEで送る

2012年7月29日  イベント

28日、29日はオープンキャンパスでした!

オープンキャンパスが無事終了いたしました。
来てくださった皆様どうもありがとうございました!

 

chayamanga_blog_672_1
夏のコミュニケーション入学直前で
大学で仮エントリーができるということもあって
たくさんの方が来てくださり、大盛況でした。

マンガ学科のブースでは
恒例の志賀先生、細井先生による公開制作や
実際に漫画をかいてみよう!というワークショップのほかに
今回は新しく1回生の授業作品や2回生の授業作品の展示もありました!

 

chayamanga_blog_672_4 chayamanga_blog_672_3 chayamanga_blog_672_2 chayamanga_blog_672_0

やはり、オープンキャンパスで来てくださった方々は
授業内容や、授業で出される課題の学生作品が気になるようで、
多くの人が見ていってくださいました。

とくに1回生は入学したころより
すごく上達していて、わたしたち教職員もびっくりしています。

今回新しく展示していた学生作品は
スペース上展示しきれなかったほかのたくさんの作品も一緒に
9月の学園祭で行われる、学生作品展に展示する予定です。

詳細はまた後日ブログにかきますので
ぜひ興味のある方は見にいらしてください。

学園祭のほうでもオープンキャンパスはありますが
マンガ学科でブースを出し、学生や教職員がいる、
という形のものは今年は今回で最後になります。

マンガ学科の魅力は皆さんに伝わりましたでしょうか?

マンガ学科の魅力はたくさんありますが
わたしは学生と先生との距離が近いのが一番の魅力なのではないかと思います。
そして、皆が夢に向かって一緒に頑張っていることだと思います。

ひきつづきブログのほうでは
マンガ学科の日常をご紹介していこうと思っておりますので
ぜひチェックしてみてください。

 

 

chayamanga_blog_672_6 chayamanga_blog_672_7

*****

夏のコミュニケーション入学は
A日程・8月6日、7日
B日程・8月8日、9日です。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.kyoto-art.ac.jp/admission/communication_s/index.html

エントリーはこちらからできます!
(本エントリーは8月1日・2日ですが、今からでも仮エントリー可能です!)
https://campusport.jp/kyoto-art13/form-comu/pc/

  • LINEで送る

2012年6月3日  イベント

オープンキャンパス、無事終了しました。

2日、3日と無事二日間のオープンキャンパスを終えることができました。
ありがとうございました!

 

chayamanga_blog_653_0

マンガ学科はどういう学科か、
みなさんに伝わりましたでしょうか?

もっとマンガ学科のことが知りたい!という方、
7月8日(日)には公開授業があります。

マンガ学科の授業を実際に見学することができるので
イメージがつかみやすいと思います。

 

chayamanga_blog_653_1 chayamanga_blog_653_3 chayamanga_blog_653_5

次のオープンキャンパスは、7月の28日29日です。
今回来られなかった方も、次回ぜひきてくださいね。

1 18 19 20 21 22 24

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。