舞台芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2018年11月13日  授業風景

ヤザキタケシクラス 授業発表ダンス公演のお知らせ!

先週末、村川拓也クラス授業発表公演が無事に終演しました。

学生一人ひとり、様々な葛藤や苦難があったようですが、作品は日々変化をしながらもひとつの形に成長していきました。

お客さまからの評価も得られ、約半年間の授業での経験は学生たち一人ひとりの大きな糧になると思います!

3年生はまだ1本授業発表公演を控えていますが、ひとまずみんなお疲れ様でした~!!

IMG_3539

IMG_3952

 

そして、次回2年生の授業発表公演のお知らせです!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ヤザキクラス『誰かがミている。』は舞台芸術学科11期生はじめての授業発表公演です。
舞台上から、客席から……たくさんの視線に囲まれた中で繰り広げられるのは、誰もが持っている、あるいはこれから出会うのかもしれない様々な「何か」。
みんなが挑戦してみたいこととヤザキタケシ先生のアドバイスが合わさり、ダンスの枠にはまらない盛りだくさんな作品となりそうです。
IMG_3345IMG_3288IMG_3442
11月25日(日) 15:00開演
※14:30より受付開始・開場
会場 studio21
出演:上⻄美悠 内⽥夏葵 太⽥葵 ⿅島綾⾹ ⼯藤亜⾥紗 窪瀬星 桒⽥英美咲 ⼩⻄たから ⾼橋楓 津地夏希 中⼭陽 陌間彩花 林かおる 福井洸太 松尾理代 ⽮垣奈苗 ⼭本良来 渡部桃 
アドバイザー:ヤザキタケシ
演出:渡部桃
演出助手:⼭中望未 曽我めぐみ
舞台監督: 原⽥⾹純
照明:鈴⽊媛稀 岩⽥彩歌 太⽥葵 榛⾕海輝 ⿅島綾⾹ 中⼭陽 
⾳響:⽥中脩椰 ⽇髙ひかる
美術:⼭⽥美樹 上⻄美悠 ⽮垣奈苗 早川采花
衣装:⼯藤亜⾥紗 中村真琴 川島加菜果
制作:綿中駿介 井原彩花 ⼤塚侑⼦
料金 無料
■予約方法
件名 ヤザキクラス予約
本文 ①お名前(ふりがな)
   ②人数
        ③電話番号
■主催・問い合わせ先
京都造形芸術大学 舞台芸術学科 ℡075-791-8237(平日9時~17時、夜間休日 は留守番電話対応)
公演当日の問い合わせ先 ℡090-8934-7622
舞台芸術学科メールアドレス butai@kuad.kyoto-art.ac.jp
舞台芸術学科ブログページ http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?author=10

誰かがミている_表_L誰かがミている_裏_L

  • LINEで送る

2018年10月26日  授業風景

11月9日~11日本番!村川拓也クラス授業発表公演

こんにちは、すっかり秋となってきました。

季節の変わり目で体調を崩す学生も増えていますので、しっかり体調管理もしていかなければと思っています。

 

 

今日は来月、11月9日(金)~11日(日)本番の、村川拓也先生による授業発表公演のお知らせです。

2018村川クラス仮チラ_表_L2018村川クラス仮チラ_裏_L

 

 

 

この授業発表公演は村川先生と3年生が前期から稽古・制作してきました。

村川先生は国内・海外でもご活躍されている演出家で、映像・舞台芸術学科であった頃の卒業生でもあります。

ご自身ではドキュメンタリーやフィールドワークの手法を用いた作品を様々な分野で発表していらっしゃいます。

これまで学生があまり触れてくることがなかったスタイルの手法でもあり、様々な葛藤やハードルがあったようですがようやく形になってきたとのこと!

是非会場にお越しいただき、学生たちの成果をご覧ください!!

 

【日時】

2018年11月

9日(金)19:00~☆ポストパフォーマンストークを行います

10日(土)18:00~

11日(日)17:00~

開演30分前より受付開始、15分前より開場いたします。

上演は約70分を予定しています

 

 

【ご予約】

メールでご予約を受けつけております。

 

■メールアドレス

butai.smash10@gmail.com

■件名

「村川クラス予約」

■必要事項

①氏名(ふりがな)

②人数

③観覧日時

④電話番号

 

以上を明記の上ご予約ください。

受付は各回前日の24時までです。

担当からの返信をもって予約完了です。

 

  • LINEで送る

2018年7月31日  授業風景

OC&「床面に気をつけろ」ご来場ありがとうございましたー!!

IMG_0142IMG_9670先日、21日・22日に行われたオープンキャンパスと同じ日に行われた授業発表公演山下残クラス「床面に気をつけろ」。

 

 

面談ブースでは入試に向けての質問・大学生活・授業などの質問や不安に思っていること等、

先生や在学生とじっくりお話できたようでご来場いただいた方々には安心していだだいたようです ^^)

IMG_0108IMG_0301

 

 

 

 

同日行われた、3年生授業発表公演山下残クラス「床面に気をつけろ」も前日満席に近く、

オープンキャンパスに来ていただいた方々にもご好評のようでした!

この授業発表公演は制作期間3ケ月と他の授業発表公演よりも製作期間は短いですが、ダンサー・スタッフ共にこの期間に山下先生と共に

しっかりと作品を作り上げることができたようでした!

IMG_2287IMG_2428IMG_4199IMG_0442

連日の暑さや、他の授業と同時並行に進む過酷さの中大好評に終わり皆またひとつ成長できたようです。

本当にお疲れ様でした~!!

 

3年生は夏の自主企画・作品展・村川拓也クラス・わかぎゑふクラスとまだまだ公演は続きますが、

この夏に付けたスタミナでまだまだ頑張りますよ~!!

IMG_0430

 

  • LINEで送る

2018年7月12日  授業風景

来週末!! 山下残クラス授業発表公演『床面に気をつけろ』

床面にきをつけろ表_L床面にきをつけろ裏_L

 

こんにちは、スタッフの宇野です(^▽^)/

昨年度から引き続き、振付家の山下残さん指導による3回生のダンス発表公演が行われます!

 

製作期間およそ3ケ月という限られた時間の中で、時間も心も体力も削るように打ち合わせ・稽古・実験を重ね、いよいよ来週末が本番。

ダンサー・スタッフともにヘロヘロです……

今回の作品は楽器の生演奏があったり、舞台も大がかりなものが組まれたりと、ダンス以外の要素も万歳!!

お席にも限りがありますので、ご予約はお早めにお願いいたします!

みなさまのご来場を心よりお待ちしておりま~す!!

 

IMG_5998IMG_5972IMG_555ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

京都造形芸術大学 舞台芸術学科 2018年度 3年生
総合演習Ⅸ 授業発表ダンス公演
『床面に気をつけろ』

【演出・振付】
山下残

【キャスト】
浅井結
池田明吹夏
石口さくら
岡本遼
黒木優花
小林勇一郎
谷宙
田村真梨乃
中村萌恵
福井楓
南ことみ

【スタッフ】
演出助手 浅井結
舞台監督 高岡健太朗
美 術 坂紀秀
照  明 本松そよ花 八若奈菜子 山下海成
音  響 松川裕香 折原葵 出口雄大
映  像 千代麻央
衣  装 森田裕美子 構真菜 内山久代
演出部 木下創一朗 菅原伸哉 福原沙裕
制  作 繰菅ゆきの 青木友紀 古澤虹乃

【演奏】
岡本遼
折原葵
沼口りずむ
松川裕香

【公演日時】
2018年7月21日(土) 14:30/18:00
7月22日(日) 14:30
開演30分前より受付開始・開場

【会場】
京都芸術劇場 studio21(京都造形芸術大学内)

【料金】
無料

【予約方法】
下記の内容を明記の上、メールにてご予約ください。
こちらからの返信をもってご予約完了と致します。
ご予約の受付終了は各回前日の24時までです。
————————————————–
宛先 butai.smash10@gmail.com
件名 残クラス予約
本文 ①お名前(ふりがな) ②人数
③観覧日時 ④連絡先(電話番号)
————————————————–
*定員に達し次第、受付終了となります。
また、開演10分前までに受付を済まされていない場合、予約を取り消す場合がありますので、お時間に余裕をもってお越しください。
*車椅子をご利用のお客様・足の不自由なお客様は、
事前にメールでご連絡ください。

【共催・お問合せ先】
京都造形芸術大学 舞台芸術学科
〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116
☎︎ 075-791-8237(平日9時〜17時/夜間休日は留守番電話対応)
☎︎ 090-8934-7622(公演当日のお問合せ先)
fax 075-791-8113(24時間受付)
✉︎ butai@kuad.kyoto-art.ac.jp
blog http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?author=10

  • LINEで送る

2018年5月28日  授業風景

山下残ワークショップ&柴田隆弘大道具実習

先日行われた、1回生対象の山下残(非常勤講師)さんによるワークショップと

柴田隆弘(非常勤講師)さんによる大道具実習の様子をご紹介します。

IMG_1995山下さんは現在も国内外でご活躍されている振付家・演出家です。

本学科では3回生の授業発表公演も担当していただいています。

 

なんと今回のワークショップでは実際にご自身の作品を上演していただきました!

もう10年ほど前にstudio21で初演された作品なので、作品としても歴史が感じられます。

1回生にとってはこの大学で見る公演の1作品目となり、注意深く鑑賞していました。

ダンスでもなく、演劇でもない作品に触れることもなかったでしょうから、個々に強い印象を残したようでした。

IMG_2007IMG_2012

 

 

 

柴田先生による大道具実習は2回生を対象に、図面の起こし方から製作までを行いました。IMG_2279IMG_2245

今回は扉を作りました。

基本のパネルに、開閉できるパネルをはめ込んで蝶番という金具で固定するのですが、

これがなかなか難しい。ゆがんだり、サイズが合わないとぴったりはまらず閉まらない…

一般的な扉と違って、舞台の扉は条件や仕様が違うので、製作のコツも経験が必要になっていきます。

また、基本に戻って工具の扱いや制作中の細かいポイントなど、より実践的に学ぶことができました。

これを期に、どんどん製作していって欲しいと思います!!

IMG_2186IMG_2205

 

 

1 2 3 4 28

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。