環境デザイン学科

2013年6月

  • LINEで送る

2013年6月6日  授業風景

【環境デザイン学科】2013環境デザインⅡ開始

2年次生全員が取り組む「環境デザインⅡ」が始まりました。課題名は「cafe+」。設定された建物の一部に何らかの+αをもつカフェを企画し、魅力的なインテリアデザインを施すことを求められる課題です。初日は、課題説明の後、ワールドカフェというワークショップによってカフェについて話し合いました。遊んでいるように見えますが、真剣です。

1-650 2-650 3-650 4-650 5-650

  • LINEで送る

2013年6月5日  イベント

森由紀子(建築コース4回生)写真展

森由紀子(建築コース4回生[小野ゼミ])が個展(写真展)を開催します。

是非お越しください!

 

|日程:2013年6月10日(月)〜6月22日(土)※日曜日は閉館
|時間:10:00ー20:00
|場所:oinai karasuma (共用スペースにて)
 京都市中京区烏丸通蛸薬師南入る手洗水町647 トキワビル4-B

http://goo.gl/xSrOq

*6/21(金)には closing partyを開催します。19:00-21:00

 

会場のoinai karasumaはcafeのようなシェアワーキングスペースです。

みなさんも一度足を運んで、いろんな活用の仕方を考えてみてください。

 

R0010097

 

 

 

  • LINEで送る

2013年6月5日  イベント

【環境デザイン学科】「しきる展 2013」開催中

6月5日から環境デザイン学科・インテリアデザインスタジオ3回生有志による家具展「しきる展 2013」が始まりました。彼らが2回生時の課題で「しきる」をテーマに制作した家具や照明器具12点をご覧いただけます。一般的な常識や機能を超えて、様々な生活シーンを生み出す可能性を持った、実験的な生活の道具の数々をぜひ体験してお楽しみください。大学内ギャルリ・オーブで6月13日(木)まで開催されています。

 

画像はDMの表面と裏面、そして会場設営中のひとコマ(左から渡邊さん、山上さん、池田さん、松本さん、そしてなぜか満面の笑みで混じっているのは建築コースの菊川さん)です。アルミフレームのディスプレイブースは東野精機(株)さんにご提供いただいています。

 

「しきる展 2013」のFacebook公開グループページはこちら。

http://bit.ly/shikiruten2013

 

後日、会場風景の写真をアップする予定です。

 

‚µ‚«‚é“WDM— • ‚µ‚«‚é“WDM— •SONY DSC

  • LINEで送る

2013年6月5日  イベント

【環境デザイン学科】マンションリフォームプロジェクト〈第5期〉オープンハウス

(株)長栄との合同で行っている「スチューデントデザイナーによるマンションリフォームプロジェクト〈第5期〉」で最優秀賞に選ばれたインテリアデザインコース3回生・池田泰宏さんの作品の施工が完了し、4月30日にオープンハウスが催されました。

場所は京都市内のワンルームマンション。この作品ではミント色の壁紙をバックに、スチールロッドのハンガー家具による一筆書きの都市風景(今回はイタリアのミラノがモチーフとなっています)が描かれています。衣類のディスプレイに最適の機能と、豊かなイマジネーションを備え、池田さん自身が施工方法についても積極的な提案を行ったことが高く評価されました。

このプロジェクトでこれまでに発表された作品や実際に施工された作品は下記のアドレスでご覧いただけます。

 

student-reform.com

 

130430-ARP-ikeda11130430-ARP-ikeda19

130430-ARP-ikeda09130430-ARP-ikeda21

1 2

コース・分野を選択してください

LINK

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。