マンガ学科

2014年10月

  • LINEで送る

2014年10月7日  授業風景

【紙芝居の授業!】マンガⅡが今年もはじまりました!

P1100652

 

今年も、紙芝居を学ぶ授業『マンガⅡ』がはじまりました!

 

マンガ学科では

「人間力増幅装置としての紙芝居。4コマ紙芝居の機能と、その可能性 」

をテーマに紙芝居の授業を取り入れています。

 

デジタルな世の中だからこそ、求められるアナログ紙芝居。
読み聞かせでなく、双方向で人と向き合う事によって、引き出し引き出される人間力を

この授業で培ってゆきます!

 

講師は京都国際マンガミュージアムなど、様々なところで紙芝居をされている

ヤッサン一座のだんまる先生がご担当してくださいます!

 

ヤッサン一座

http://www.kamishibai-y.com/

 

 

初回の授業では、だんまる先生の紙芝居を皆で見ました。

昔ながらの自転車での紙芝居です。

 

 

P1100656

 

P1100670

 

P1100671

 

教室に笑顔がたくさん、笑い声が響きます。

 

P1100669

 

 

 

みんな、紙芝居の魅力にはまったようです!

 

 

P1100674

 

 

だんまる先生の紙芝居についてのお話を聞く、学生たちの顔はとても真剣でした。

 

次回の授業から、さっそく紙芝居の制作や実際に紙芝居を演じることをはじめていきます。

今年はどんな紙芝居が見れるのか、とても楽しみです。

 

 

(副手:齋藤)

  • LINEで送る

2014年10月3日  ニュース

明日・明後日は秋期コミュニケーション入学!

明日からいよいよ秋期コミュニケーション入学が始まります!

 

コミュニケーション入学とは、本学が行う体験授業型のAO入試のことで、

夏期と秋期に実施しています。

 

エントリーしている皆さんは事前にお知らせした持ち物を忘れずに!

明日はお天気も良いようですので、体験授業を楽しみましょう!

 

2011.2

 

(事務担当 岩田)

 

  • LINEで送る

2014年10月2日  イベント

交換留学生歓迎会

昨日、

後期より本学へ芸術を学びに海外の大学からやって来た

交換留学生たちの歓迎会が行なわれました。

 

P1100677P1100682P1100683

 

交換留学生の中には、

マンガ学科の授業を受講してくれている学生もいます。

日本の漫画描法を学びたいと、熱く語ってくれました。

 

他の学科で授業をとっている留学生たちとお話をしてみても、

「日本の漫画アニメがスキ!」という方が多かったです。

 

とても嬉しいですね。

 

 

 

「自分で描いてみたい!」

 

 

と、日本の漫画に挑戦する人が世界にいるんだなと感じることができました。

 

 

ライバルが世界にいる・・・

そう思うと、とても熱くなれますね!

 

(by.副手フクモト)

  • LINEで送る

2014年10月1日  授業風景

尾池学長特別講義*授賞式!!

6月25日にマンガ学科で

尾池和夫学長の特別講義、

「タイムライン:宇宙・太陽・地球、そして南海地震」が行われました。

 

尾池学長の特別講義についてのブログはこちらです↓

http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=27150

 

そのとき、主に2回生の作品合評になっていましたが

実は1回生も特別講義を聞き、一コママンガを制作していました。

 

なんとその作品も尾池学長と

中国から来て下さった内モンゴル師範大学教授、陶治先生も見て下さり、

賞を下さいました!!

 

 

P1100647 P1100646

 

後期はじめの授業で、授賞式を行いました。

賞品は大学の学食朝食券1000円分!!

 

おいしい朝食を食べて、また良い作品を描いてくださいね!

 

 

(副手:齋藤)

1 2

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。