映画学科

2014年10月

  • LINEで送る

2014年10月24日  授業風景

小田先生のタップダンス授業

今期より担当して下さいます小田芽羅先生の俳優コース2回生を中心としたタップダンスの授業が進行中です。

 

1024-4

 

去年までは授業の集大成としてタップダンスの発表公演が行われて来ましたが、果たして今期も開催されるでしょうか。

それにしてもみんな汗を流して猛特訓中です。

 

1024-5

  • LINEで送る

2014年10月22日  イベント

駒野侃が「南河内万歳一座」の『ジャングル』に出演

3回生の駒野侃(コマノツヨシ)が去年に引き続き劇団「南河内万歳一座」の『ジャングル』に出演します。

 

1022-3

 

日時 2014年12/4(木)〜12/9(火)
場所 大阪「一心寺シアター倶楽」
詳細はコチラ

 

1022-2

 

北九州、高知、大阪、東京と公演を行って行きますのでぜひご覧下さい。

  • LINEで送る

2014年10月18日  授業風景

「映画演技Ⅳ」in鴨川デルタ

今年で3年目になる鈴木卓爾先生による「映画演技Ⅳ」の鴨川デルタでの撮影が行われました。
1018-4

 

この授業の最終課題である「俳優コース」の学生による撮影が、、秋の青空の下、鴨川の三角州で撮影されました。

日頃はカメラの前にしか立たない俳優がカメラの後ろに回り演技を撮影します。

 

1018-3

 

関係の中で自分を成り立たせることを模索します。

 

  • LINEで送る

2014年10月10日  ニュース

『カミハテ商店』(北白川派第3弾作品)遂にDVDリリース!!

 

 

映画学科教授の山本起也先生監督、高橋惠子さん主演の映画『カミハテ商店』が
先日10/2(木)より、遂にDVDリリースとなりました!

 

dvd

 

 

販売もしくはレンタルもできます。劇場公開を見逃した方々は是非ご覧ください!

 

 

〓映画『カミハテ商店』〓

 

カミハテ、そこは死への旅路なのか、救いの場所なのか

 

最果ての地、カミハテでひっそりと店を営む千代のもとに、時折訪れる見知らぬ訪問者たち。
それは、店の傍らの断崖で自ら命を絶とうと来た者たちだった・・・

 

いつの頃からか自殺の名所となってしまった断崖絶壁の近くに立つ一軒の古い商店。
その店を営みながら、孤独を抱えひっそりと暮らす初老の女性、千代(高橋惠子)。
見知らぬ訪問者たちとの関わり合いの中で、彼女の心が少しずつ変化していく姿を、
千代に寄り添うような静謐なタッチで描く。
人を活かすIターンの島としてマスコミにも頻繁に取り上げられている、島根県隠岐郡海士町全面協力のもと、
第一線のプロと京都造形芸術大学の学生たちがタッグを組み制作した“北白川派”映画第三弾。
この国で生きることの難しさと死ぬことの容易さ。
人間の“生と死”の意味を真摯に問いかけます。

 

高橋惠子23年ぶりの主演作品
第47回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭 メインコンペティション部門招待
第11回アルマティ国際映画祭 長編劇映画部門 最優秀作品賞受賞

 

出演
高橋惠子/寺島進
あがた森魚/水上竜士/松尾貴史/飯島大介/よこやまよしひろ/小林弓月/福岡芳穂
深谷健人/平岡美保/ぎぃ子/土村芳/大西礼芳/仙洞田志織/山中麻里絵

 

スタッフ
企画・原案/日當遥 山口奈都美 
プロデューサー/高橋伴明 林海象 有吉司 古賀俊輔 福岡芳穂
監督/山本起也 脚本/水上竜士 山本起也
撮影監督/小川真司 照明/倉田修次 録音/浦田和治 美術/丸山裕司 装飾/嵩村裕司 編集/鈴木歓
音楽/谷川賢作 演奏 岩佐真帆呂(reeds,accordion) 渡辺亮(percussion)
衣裳・メイク/おかもと技粧 タイトル/村山尚嗣 スーパーバイザー/大日方教史
製作 マジックアワー 豆プロダクション 齋藤浩司 海士町(隠岐國) 北白川派
2012年/104分 北白川派 

 

発売・販売元 北白川派 
販売代理 オデッサ・エンタテインメント
税抜3.800円
本編104分+特典約15分
特典映像「オリジナル予告編収録」
    「カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭ほか製作・公開時の記録」

 

『カミハテ商店』公式HP

 

 

 

  • LINEで送る

2014年10月10日  イベント

10/25(土)北小路隆志先生司会『ドライブイン蒲生』舞台挨拶あり!

 

映画学科准教授の北小路隆志先生(映画批評家)が、来る10/25(土)に
京都での初日を迎える映画『ドライブイン蒲生』の初日舞台挨拶に司会として登壇されます。

 

main1_large

 

映画『ドライブイン蒲生』は小説家・伊藤たかみの最高傑作とも名高い同名原作を元に、
日本映画界伝説のキャメラマン・たむらまさき氏が75歳にして初メガホンを取った作品です。

 

たむらまさき氏は柳町光男、相米慎二、石井聰亙(現・岳龍)監督らや、当学科でも教鞭を取る
青山真治先生、鈴木卓爾先生らの作品でも撮影監督をつとめられ、一貫して日本のインディペンデント映画を
支えて来ました。

 

舞台挨拶のある初日の10/25(土)は『ドライブイン蒲生』の上映回終了後に
公開記念として『撮影監督たむらまさき レトロスペクティブナイト』のオールナイト上映もあります。
(『ドライブイン蒲生』とオールナイト上映は別料金です。
 スケジュール・料金等の詳細は下記「京都みなみ会館」HPからご確認ください)

 

是非、劇場まで足をお運びください。

 

 

◎『ドライブイン蒲生』京都初日舞台挨拶
日時:10/25(土)21:00〜の回 上映終了後(本編89分)
場所:京都みなみ会館
『ドライブイン蒲生』公式HP

 

 

みなみ会館_たむらまさきチラシ裏

 

 

1 2 3

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。