映画学科

授業風景

  • LINEで送る

2014年10月31日  授業風景

題字の赤松陽構造先生特別授業

去年好評だった題字(映画のタイトルデザイン)の赤松陽構造先生の特別授業が昨日試写室で行われました。

 

1031-2

 

赤松先生は映画『東京裁判』『Shall we ダンス?』『HANA-BI』『ウォーターボーイズ』など数々の名作の題字を担当され、近年では『テルマエ・ロマエ』『舞妓はレディ』からNHK大河ドラマ『八重の桜』等でも知られています。

また来春公開の「北白川派」制作、福岡芳穂監督作品『正しく生きる』の題字も担当されています。

 

1031-3

 

授業では題字の概念、題字制作の流れや技術の説明の後に、実際に赤松先生が題字を担当した映画作品のサンプル上映を行い、各作品の製作過程での監督とのやりとりや苦労話など興味深いお話を聞くことが出来ました。

授業枠の1回生履修者だけではなく上回生や先生方も聴講し、活発な質疑応答も行われました。

 

1031-4

 

来期もぜひともこの特別授業を行いたいと考えていますので興味のある方はどなたでも参加して下さい。

関連記事

<523524525526527>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。