映画学科

2016年9月

  • LINEで送る

2016年9月18日  ニュース

本日、酒井麻衣監督の「いいにおいのする映画」仙台で上映!

仙台で17日(土)より始まった、ショートピース!仙台短篇映画祭2016で本日、映画学科卒業生の酒井麻衣さん(4期生)が監督した「いいにおいのする映画」が上映されます。

仙台メディアテークにて、14:30から上映です!

 

iinioi_teaser_1117_reCC

 

「酒井麻衣監督について」

映画学科在学時に制作した『棒つきキャンディー』が、映文連アワード2012で部門優秀賞と、山形国際ムービーフェスティバル審査員特別賞を受賞し、卒業後制作した『いいにおいのする映画』は、MOOSIC LAB 2015でグランプリほか史上初の6冠を受賞、2016年冬から全国で公開されました。

今月上旬には、最新作『はらはらなのか。』をクランクアップしたばかりです。

 

13

 

ショートピース!仙台短篇映画祭2016は、仙台ではなかなか見られない日本映画を紹介する映画祭として2001年より続いている映画祭です。2011年には東日本大震災により、会場の仙台メディアテークが被災し開催が危ぶまれましたが、映画祭ゆかりの映像の作り手たちが3分11秒の映像をこぞって提供して完成したオムニバス映画「311仙台短編映画祭制作プロジェクト『明日』」の上映を、同年9月の映画祭で果たすなどの活動が記憶に新しいです。

 

header

酒井麻衣監督作品「いいにおいのする映画」仙台メディアテークにて、14:30から!

仙台の方は是非、ご覧ください!

 

 

  • LINEで送る

2016年9月17日  ニュース

卒制=プロデュース・ユニット「HOLE」のHP公開

本年度卒業制作のひとつ、プロデュース・ユニット「HOLE」(ホール)のホームページが公開されました。

04

この卒制は映画学科の「人に見せるまでが映画である」と言う理念を実践するための、企画・プロデュース・上映・上演・宣伝・配給などあらゆることを視野に入れた運動体です。

 

02

 

今までにも各地での上映会や、演劇チーム「鏡像関係」の「アンダースロー」での『榎本武陽』公演、鈴木卓爾監督との「京都みなみ会館」でのイベント「渡り鳥卓爾と京都ゼミの落とし穴ナイト」等行なって来ました。

 

明日から始まる京都造形芸術大学の学園祭「大瓜生山祭」でも「チンドン映画屋」と言う企画で今までにはない上映活動を行なう予定です。

 

01

これからもいろいろな場所で、あらゆる形態で活動をして行きますのでご期待下さい。

 

これからのイベント、ニュースなどはこのHPをご覧下さい。

 

他のコンテンツも追加して行く予定ですのでよろしくお願いします。

 

05

 

※ ブログ「卒制2006」はコチラ

 

※ ツイッター「HOLE」はコチラ

 

 

 

 

  • LINEで送る

2016年9月15日  ニュース

「京造ねぶた」点灯式!!

昨日夕方6時、全学科1回生全員で9月1日から2週間に渡って制作された「京造ねぶた」の点灯式が行なわれました。

 

IMG_8885 のコピー

 

体育館が暗転されると集まった一回生たちのどよめきの中、カウントダウンが始まり一斉に「京造ねぶた」が点灯されました。

 

IMG_8887

 

拍手と歓声の中、デッサン室、「人間館1階」入り口、「ギャルリ・オーブ」と次々に「京造ねぶた」が闇に浮かび上がりました。

 

IMG_8895 のコピー

 

同時に先生方の審査も始まり、8時から「春秋座」で学長賞などが発表され表彰式が行なわれました。

 

IMG_8866

 

IMG_8905

 

IMG_8901 のコピー

 

学長賞はJクラス「ひからせたいもの」、優秀賞はLクラス「猫!猫!猫!」、佳作賞はHクラス「セーシェルセマルゾウガメのジョナサン」でした。

 

IMG_8911

 

これら以外の賞もありましたが、受賞出来なかったクラスの学生たちもくやしさと共に達成感、一体感に満ち溢れた点灯式になったと思います。

 

IMG_8870

 

来週からいよいよ後期の授業が始まります。

 

「京造ねぶた」でいっしょに作業した1回生たちは各学科での専門的な授業を受ける事となります。

 

「マンデイプロジェクト」で培われた多くの力で学習をし、技術を習得し、またクラスメイトや友だちと楽しく1回生の学生生活を過ごして下さい。

 

IMG_8896 のコピー

 

 

 

 

  • LINEで送る

2016年9月14日  ニュース

大瓜生山祭に、映画上映自転車が登場!

来る9月18日(日)19日(月・祝)に行われる、京都造形芸術大学学園祭「大瓜生山祭2016」にて、

4回生を中心として結成された、映画上映企画集団『HOLE』特製の、「どこでも映画を上映できる」チンドン自転車が登場します!

 

IMG_1408

 

 

映画学科で作られた短編映画(5分〜10分)や上映企画団体『HOLE』のCMを、自転車うしろの特設プロジェクターを使って、学園祭会場のいたるところで移動上映をしていきます。

まるで、昭和の懐かしい「紙芝居自転車」です。

学園祭期間中にキャンパスのあちこちに展示されている『京造ねぶた』とのコラボレーションもあるようです。

学園祭で見かけましたら、是非お声をおかけくださいね!

 

IMG_1421 のコピー

 

 

上映企画団体「HOLE」の映画上映自転車も会場をぐるぐる回る、「大瓜生山祭2016」に皆様、是非お越し下さい!

 

 

IMG_1429 のコピー

  • LINEで送る

2016年9月13日  ニュース

駒井家住宅で2回生ゼミ撮影

かねてより協力関係にある駒井家住宅日本ナショナルトラスト)において昨日2回生ゼミ大西組が撮影をしました。

 

IMG_8802

 

白河疎水沿いに建つ駒井家住宅は、京大名誉教授の駒井卓博士の私邸として、昭和2年にヴォーリズ建築事務所の設計により建てられました。

 

IMG_8804

 

映画学科の学生たちはこの「日本ナショナルトラスト」が保全する「駒井家住宅」にボランティアとして参加し、卒制やゼミの映画撮影、俳優コースのプロフィール写真撮影などをさせていただいています。

 

IMG_7857

 

さて、この歴史ある洋館は大西監督の作品の中でどのように映っているのでしょうか。

 

完成された映画を観るのがとても楽しみです。

 

IMG_8792

1 2 3 4

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。