映画学科

2016年9月

  • LINEで送る

2016年9月12日  ニュース

栗原翔監督『町の匂い』が「なら国際映画祭2016」で上映されます

映画学科製作コース3回生の栗原翔さんが去年2回生ゼミで監督をした『町の匂い』が今月19日、20日の2日間「なら国際映画祭2016」の【NARA-wave】にて上映されます。

 

町の匂い.00_06_21_19.Still004 のコピー

 

この『町の匂い』は去年2回生ゼミ内で繰り返しミーティングを行い、脚本を完成させ、全て京都市内ロケをして完成させた作品です。

 

01

 

出演は同じゼミだった俳優コースの輿諒治さん中村瞳太さん村井崇記さん土井花奈子さん

 

外部から己斐緑さん、高山比登美さん、平川雅己さん。

 

そして映画学科の浜田俊輔先生も出演なさっています。

 

町の匂い.00_01_45_11.Still003 のコピー

 

詳しくはコチラをご覧下さい。

 

町の匂い.00_01_23_21.Still002 のコピー

 

  • LINEで送る

2016年9月11日  ニュース

吉川鮎太さん『Drill&Messy』PFF2016で本日上映!

10日より東京国立近代美術館フィルムセンターで始まりました、国内最大のインディペンデント映画祭ぴあフィルムフェスティバル2016(PFF2016)

PFFのコンペティション部門『PFF AWARD2016』にて本日14:30と、20日15:00〜の二回、4回生製作コースの吉川鮎太さんが昨年の中編ゼミで監督した作品、『Drill&Messy』が上映されます。

 

photo11_1

 

【あらすじ】
女の体に様々な物を塗り付け汚す事に快楽と美を感じている男、雪緒はある日、彫刻室で一心不乱に、石膏像を破壊している女・真衣に出会う…。
 【出演】 佐々木詩音・吐山ゆん(破れタイツ)・劇団子供鉅人・西本マキ(破れタイツ)他

 

021

 

『Drill&Messy』予告編

東京国立近代美術館フィルムセンターでの上映は、2016年9月11日(日) 14:30~ / 20日(火) 15:00~、の2回です。

※同時上映『山村てれび氏』『私の窓』※各回とも上映後、監督、出演者など来場予定。

 

PFF2016は東京での開催後、京都・神戸・名古屋と巡回されていく予定です。(←開催日程はリンク先をご参照ください。)

  • LINEで送る

2016年9月10日  イベント

9/10,11 京都国立近代美術館にて「岡本太郎関連特集」作品上映!

 

京都国立近代美術館(左京区岡崎)での上映企画『MoMAK FILMS』では、
ただいま「岡本太郎関連特集」を開催しています。

 

MoMAKFilms2016_09-11front

 

キャラクターデザインやセットデザインを担当した作品をはじめ、自身の出演作など4本を上映!

また2日目『日本脱出』の上映前には当学科准教授・北小路隆志先生による作品解説もあります。

 

この貴重な機会に是非、ご覧ください!

 

 

◎MoMAK FILMS 「岡本太郎 関連特集」

○ 9月10日(土)

・14:00-15:27 『宇宙人 東京に現わる』(1956年 島耕二監督 大映東京 87分)

・15:40-17:45 『夜の河』(1956年 吉村公三郎監督 大映京都 104分)*

*『夜の河』上映前に企画担当者による解説あり(企画担当者:板倉史明/神戸大学大学院准教授)

 

○ 9月11日(日)

・14:00-15:34 『誘惑』(1957年 中平康監督 日活 94分)

・15:45-17:38 『日本脱出』(1964年 吉田喜重監督 松竹大船 93分)

*『日本脱出』上映前に企画担当者による解説あり(企画担当者:北小路隆志/映画評論家 当学科准教授

 

 

◎料金:1プログラム520円(当日券のみ)

・当日に限り、本券で京都国立近代美術館でのコレクション展もご覧頂けます。

・心身に障がいのある方と付添者1名は無料(要証明)

 

◎会場:京都国立近代美術館 1階講堂(先着100席)

 

※4作品とも35mmフィルムによる上映

 

 

MoMAK FILMS(岡本太郎関連特集)についてはコチラ

★★京都国立近代美術館についてはコチラ

 

 

  • LINEで送る

2016年9月9日  ニュース

2、3回生ゼミ次々とクランクイン!

4回生の卒制の撮影が山場を過ぎた先週、2、3回生ゼミ作品が続々とクランクインしました。

 

IMG_8606 のコピー

 

 

ゼミの各組は高原校舎のスタジオや、本学のキャンパスのあちこち、京都市内のいろいろな場所で撮影をしています。

 

IMG_8540 のコピー

 

撮影の際に他学科の皆様、近隣の皆様にご不便をお掛けすることがあるかも知れませんが、学生たちには細心の注意を持って撮影するように指導しておりますのでよろしくお願いいたします。

 

IMG_8576 のコピー

 

撮影が終われば編集、整音など仕上げの作業が待っています。

そして12月の末に合評が行われます。

 

どんな作品が生まれるのか皆様も楽しみに待っていて下さい。

 

IMG_8760

 

  • LINEで送る

2016年9月6日  ニュース

叶 絵里奈さん出演情報、舞台版「うしおととら・混沌の海へ(後編)」。

俳優コース卒業生の、叶 絵里奈さん(6期生)が、9月22日からのシアターOM「うしとら」プロジェクト2016第四十五弾・舞台版「うしおととら(混沌の海へ・後編)」に出演します。

001-A

 

シアターOMとは、週刊少年サンデーにて、90年代に連載された漫画『うしおととら』を、

ダイジェスト版でなく全33巻・全話を舞台化している劇団です。

叶さんは、6月に行われた第四十四弾公演に引き続きの出演となります。

 

1472736283625

 

1472736285247

 

アニメでも人気だった「うしおととら」

舞台では、流がとらと対決するあのシーンが現れます。

どうやってあれを表現するのか!?

ぜひお確かめください☆

大人気な舞台で混雑が予想されます。

お早めのご予約を!

 

9月22日~9月25日

☆シアターOM清水谷アトリエにて

前売り1500円

1 2 3 4

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。