映画学科

2016年10月

  • LINEで送る

2016年10月7日  ニュース

窪瀬環組『天の火』クランクイン

俳優コース三回生の窪瀬環(くぼせたまき)さんと有志の学生の皆さん、そして、バラエティ豊かなプロの俳優の皆様を交えて制作される、自主制作映画「天の火」(あめのひ)が、このたび福井県勝山市でのロケーション撮影を皮切りにクランクインいたしました!

 

IMG_1637

 

「天の火」は、とある上方落語のお師匠さんの一周忌をめぐり、「おとん」と呼ばれ慕われた師匠の日常を共にした人々と、師匠門下のお弟子さん一門との間に視えてくる糸を丁寧にたどり、綾を織るようにして描かれていく人情喜劇です。

 

IMG_1597

 

 クランクインの第一期撮影は二日間。 鶏小屋での場面と、駅の場面が撮影されました。

雨天で撮影が危ぶまれたものの、順調に撮影は終了いたしました。

 

IMG_1648

 

出演中の、俳優コース三回生の吉井優さんと、辻凪子さんです。

IMG_1550

 

「天の火」は2017年の完成に向けて、ゆっくりとしたペースで撮影が進められていきます。

KUADPRODUCTION映画学科ニュースでも続報をお伝え出来たらと思います。ご期待ください。

 

IMG_1621

 

 

映画「天の火」制作プロジェクトは、2016年度「蒼山会 創作・研究補助制度」の助成を受けています。

「蒼山会 創作・研究補助制度」は、京都造形芸術大学学生の自主的な創作や研究に対して蒼山会(保護者会)から補助金を支 給し、皆さんの長期的・計画的かつ社会とつながる創作・研究活動をより発展させることを目的とした助成制度です。

  • LINEで送る

2016年10月6日  ニュース

栢野直樹先生 撮影担当「グッドモーニングショー」10/8(土)より公開!

 

 

当学科客員教授で撮影監督の栢野直樹(かやの なおき)先生が

撮影を担当された映画グッドモーニングショーがいよいよ10/8(土)より全国公開されます!

 

 

c6d3b74b4a776665

 

 

この作品は「踊る大捜査線」を生んだ脚本家・君塚良一氏が監督も務め、

放送作家としてもテレビを知り尽くした同氏によるオリジナル映画。

朝のワイドショー番組を舞台に、

落ち目のキャスターに降りかかる災難だらけの一日を描いた抱腹絶倒のコメディです。

 

主役で、番組の顔でもあるキャスター・澄田真吾役に中井貴一さんほか、

豪華キャストで贈る”前代未聞の生放送”…ぜひ、映画館で目撃してください!

 

 

◎映画「グッドモーニングショー」公式HPはコチラ(予告編も観れます!)

 脚本・監督:君塚良一 撮影:栢野直樹 音楽:村松崇継 主題歌:KANA-BOON「Wake-up」(Ki/oon Music)

(上映劇場は公式HP内、「THEATER 劇場情報」からご確認ください)

 

 

 

  • LINEで送る

2016年10月2日  ニュース

秋葉美希さんの出演映画、東京国際映画祭に出品!映画『退屈な日々にさようならを』

10月25日から11月3日にわたって開催される、第29回東京国際映画祭・日本映画スプラッシュ部門において、

映画学科でも非常勤講師を勤めておられる、今泉力哉監督の最新作「退屈な日々にさようならを」が上映されます。

この作品には、4回生俳優コースの秋葉美希さんが出演しています。

ポスター画像

「退屈な日々にさようならを」は、東京・エンブゼミナールのシネマプロジェクトというワークショップに集まった、12名のワークショップ参加者と外部キャスト、今泉力哉監督とのコラボから生まれた映画です。秋葉美希さんも、単身このワークショップへ参加し今回の主演の機会を得ました。

今泉力哉監督は、孤独を抱える人間の心情に、そこはかとない独特のユーモアを交え、複数の人物間の綾に折り込んでいく手法で、いくつもの作品を世に生み出しています。今回の「退屈な日々にさようならを」はどんな人たちの綾が観られるのでしょうか。

main

「退屈な日々にさようならを」の秋葉美希さん(下記、写真中央)です。秋葉さんが、映画の中でどんな人物を演じているのか、とても楽しみです!

A012_C024_0710NC.1713.0001713F.00_00_15_00.Still004

「退屈な日々にさようならを」の上映スケジュールの詳細は、10月初旬に発表のようです。

第29回東京国際映画祭のHPをチェックください!

DSC_3586

4回生俳優コース・秋葉美希さん

1 2

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。