キャラクターデザイン学科

2017年2月

  • LINEで送る

2017年2月13日  イベント

【ゲームデザインゼミ】「理想狂(ユートピア)からの脱出」

 

キャラクターデザイン学科の村上です。

 

1 月 28 日(土)、2 回生ゲームデザインゼミの制作物「脱出ゲーム」を実施しました。

 

毎年ホラーテイストだったりミステリーだったりとストーリーや仕掛けに趣向を凝らし、参加者をいかに楽しませるかを追求してきましたが、

 

今年は「理想狂(ユートピア)からの脱出」という SF の設定でストーリーと世界観を作り込んでいきました。

 

01

 

 

脱出ゲームといえばご存知の方も多いと思いますが、

ここ数年で人気が出てきた参加型のアトラクションです。

 

複数人のプレイヤーが実際に部屋に閉じ込められ、

みんなで協力し合って暗号や謎を解き、制限時間内に部屋を脱出するというものです。

 

思考力と発想力、コミュニケーション力を刺激するゲームなので、これを入社試験で行う企業もあります。

  

今回我々は参加者の 10%の人がクリアできるレベルデザイン(難易度)を想定してゲームを作りました。

 

 

ただ難しいだけではなく「解けて嬉しい」「解けなきゃ悔しい」「あと少しで解けそうなのに解けずにイライラする」という感情を刺激し、

 

また他人同士とでもうまくコミュニケーションをとらなければ絶対に解くことのできないバランスになるような謎を多数配置しました。

 

 02

こちらはゲームの導入解説の様子。

 

運営スタッフとなるゼミ生(右側)の迫真の演技で導入のストーリーを紹介し、

プレイヤー(左側)を物語の世界へといざなっていきます。

 

03

 

そしてゲーム開始!

 

制限時間は 60 分。刻々と時間が迫る中、謎を解くごとにハラハラドキドキのストーリーが展開されていきます。皆必死です。

 

04

05

06

 

徐々にストーリーの全貌が明らかになり、最後にはアッと驚くとんでもない展開が!

 

という非常に密度の高いゲームに仕上がりました。

今回参加したプレイヤーの皆さんは

「面白い!」「難しい!」「悔しい!」と口々に感想を述べていました。

 

面白いとは一体何なのか。悔しいとはどういう事なのかをチーム一丸となって考え抜きました結果、多くの参加者に楽しんでいただけました。

 

ゼミ生たちは寝不足になりながらギリギリまで準備を頑張ったので、全工程が終了した時には満足感と脱力感で一杯の様子でした。

 

 

ゲームデザインゼミでは、ゲーム開発の職業を目指す学生が多いのですが、

やはりゲームを考えるときには人の行動を観察し、思考を巡らせ、どんな感情を与えるのかを考えなければなりません。

それはデジタルメディアでのゲームでもアナログのゲームでもやるべきことは同じです。

 

 

人生という名の壮大なゲームでハッピーエンドを迎えるために、ゼミ生たちはこれからも頑張り続けます。

でも疲れているのでちょっとだけ休ませます。

 

07

 

  • LINEで送る

2017年2月7日  ニュース

声優の宍戸留美さんに特別講義を行っていただきました!!

 

こんにちは。キャラデ副手のトミタカです。

 

昨日は多方面でご活躍されていらっしゃる声優の宍戸留美さんと

キャラクターデザイン学科で演技や演出などの授業されている石田アキラ先生に特別講義をしていただきました。

IMG_3406

 

講義ではこれまでやってこられた自身の活動の中で吸収したものを自分の中でどうやって表現していくのか等、様々なことをお話してくださいました。

講義の中でたくさんでてきていた「人との繋がり」というワード、その繋がりは待っているだけでできるものではなく自分から掴みにいくものなのだというお話がありました。

 

これは、キャラクターデザイン学科の理念にもなっていることなので、

声優志望の学生たちはもちろん、それ以外への進路を希望している学生たちにとって分かりやすく、キラキラしたお話だったのではないでしょうか?

 

講義に参加した学生たちへこれからの日々の過ごし方について大いに刺激をしていただいて、宍戸留美さん、本当にありがとうございました!!

 

IMG_3416

 

そしてなんと!講義のあと宍戸留美さんがサプライズで天野明展の会場にご登場され、ファンの方々との交流をしていただき大いに盛り上がりました!!

 

 

IMG_3434 IMG_3438

 

 

宍戸留美さん、お忙しいスケジュールの合間を縫って、学生たちへもそしてファンの方々へも、キラキラとした素敵な時間をつくっていただきまして本当にありがとうございました。

 

 

IMG_3447 

 

京都造形芸術大学キャラクターデザイン学科ではこのような機会をこれからもつくっていきたいと思います。

 

在学中の学生たちはもちろん、これから京都造形芸術大学に入学しようと思われている高校生、そして日本〜アジア中のマンガ・アニメ・ゲームのファンの方々も、ぜひ京造に、そしてキャラデにご期待ください!

 

 

 

1 2

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。