映画学科

2017年8月

  • LINEで送る

2017年8月16日  ニュース

五山の送り火。大文字焼きが高原校舎から。

映画学科のある、高原校舎から、今年は晴れてとてもきれいに大文字焼きが見られました。

昼間の高原校舎のAスタジオ屋上から、大文字山の準備の様子が見られました。

昨年は、雨が降り、なかなか見られなかったので、今年ははっきりと見ることが出来て嬉しかったです。

 

IMGP6933

 

夜になり、山に灯りが灯り始めました。

 

IMGP6935

 

間も無く、山の灯りが最大限に見えてきました。

 

IMGP6954

 

Aスタジオの屋上には、いつもお世話になっている、近隣にお住いの皆様がお越しくださり、一時大勢で送り火を堪能することができました。

たくさんの方がお寄りくださり、こんなに近隣の皆様が来てくださったのは、今夜が一番でした。

ありがとうございました。

 

IMGP6952

 

高原校舎の屋上からです。こんな感じで山が光っていました。

 

IMGP6945

 

Aスタジオの屋上からは、小大文字や、船形の火も、かろうじて見ることができました。

 

IMGP6959 IMGP6960

 

やがて、大文字の火も、小さくなっていきました。

来年もまた、見られますように。

今日からまた皆様、良い一年でありますように。

ありがとうございました。

 

IMGP6975

 

 

  • LINEで送る

2017年8月13日  イベント

「映画を見せるということpart3」14日と15日に開講。

8月14日と15日の二日間、特別授業『映画を見せるということpart3』が開催されます。 5月のpart1、7月のpart2とこの特別授業は行われてきました。 今回のpart3は、創作物をお客さんへ届ける発信の現場で活躍する、4人のゲスト講師の皆様をお招きし、2日間にわたって行われます。

 

image002

 

講義の内容と、ゲスト講師は、下記をご覧ください。

 

14日(月)

3・4限「映画配給宣伝の仕組み〜映画を観客に見てもらうために何をやらねばならないのか〜でも、それってホント?」

   高原校舎Bスタジオ

   映画宣伝配給会社マジックアワー代表 有吉 司さん

5・6限「劇場は観客に来てもらうために何を考え何をやっているのか」

   高原校舎Bスタジオ   

   京都みなみ会館・館長 吉田由利香さん

 

15日(火)

3・4限「制作者と鑑賞者、両者にとって重要な、『みる』と『コミュニケーション』について」

  人間館NA403

  京都造形芸術大学アートコミュニケーション研究センター所長・アートプロデュース学科前学科長 福のり子さん5・6限「これからの発信〜新しい配給宣伝の具体像を探る〜」

  高原校舎Bスタジオ

  SPOTTED PRODUCTION代表 直井卓俊さん

 

image003

 

学生の皆さんは、Bスタジオで行われる特別授業に是非参加してください。

(※人間館NA402で行われる15日の3・4限、福のり子さんのワークショップは、既に定員募集を締め切っています。)

  • LINEで送る

2017年8月11日  ニュース

石倉直実さんが化粧品メーカーのCMに出演!!

卒業生の石倉直実さん(俳優コース7期生・「東映マネージメント」所属)が、化粧品メーカー「ポーラ」のリクルートCMにメイン・イメージキャラクターとして出演し、ポスターも制作されています。

 

01

 

CMはコチラで見ることが出来ますので是非ご覧ください。

 

05

 

  • LINEで送る

2017年8月10日  ニュース

12日より新宿で、MOOSIC LAB 2017!多数参加!

今年も、東京・新宿で8月12日より9月8日まで開催される、映画と音楽のコラボ祭典『MOOSIC LAB 2017』に、映画学科の在校生・卒業生が多数参加します!

 

短編部門『破れタイツのビリビリラップ』は、ガールズ映画監督ユニット・破れタイツ(吐山ゆんさん・西本マキさん、共に2期生)のお二人が監督。

 

afa287f477a9c7f93525b4cf9a335421

4a3a829d7e0e4bceb36bdee1de0bcb63

 

短編部門『ぱん。』は、四回生の阪元裕吾さん・辻凪子さん(共に8期生)のお二人が監督。辻さんは出演もしています。

 

IMG_4732

IMG_7760

 

長編部門『Groovy』は、2017年に卒業した吉川鮎太さん(7期生)が監督。

 

IMG_0588

Groovy

 

それぞれのスタッフ・キャストに、沢山の卒業生・在校生が参加しています!

 

各作品のメンバー・上映日時など、詳しくはムージックラボ2017公式サイトをご覧下さい! → http://17.moosic-lab.com/C

  • LINEで送る

2017年8月8日  イベント

樋口泰人氏来校、瀬田なつき監督『彼方からの手紙』上映!

来る8月10日(木)、映画『PARKS パークス』が京都シネマで公開中の瀬田なつき監督の、東京藝術大学映像研究科時代の作品『彼方からの手紙』を上映し、爆音映画祭で知られる企画制作集団「boid」の主宰であり、映画『PARKS パークス』のゼネラルプロデューサーでもある、映画評論家の樋口泰人さんをお招きし、瀬田なつき作品の魅力と映像の話法についてお話していただきながら、映画を見る『眼力』を鍛える講座を開催いたします。

 

学外の皆様も、是非お越し下さい!

 

Aug10_tokkouposter_ok

時・8月10日(木)

  13:00〜 『彼方からの手紙』(2008年・85分)上映

  15:00〜『映画の「眼力」を鍛える』樋口泰人氏による特別講義

聞き手:北小路隆志&鈴木卓爾

場所・京都造形芸術大学高原校舎・試写室、及び、Bスタジオにて

※特別講義・上映共、参加は無料です。

学外からのお客様もお待ちしております。

映画学科高原校舎まで是非ご来場下さい!

 

高原校舎へのアクセスはこちら

f73a5a4e7437565f5e0d1212aa24d5ed-700x253

 

映画『PARKS パークス』公式サイト → http://www.parks100.jp/

映画『PARKS パークス』公開中・京都シネマ公式サイト → http://www.kyotocinema.jp/index.php

boid主宰・爆音映画祭公式サイト → http://www.bakuon-bb.net/

 

 

1 2 3

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。