映画学科

2017年8月

  • LINEで送る

2017年8月7日  ニュース

1回生俳優コースのプロフィールが公開されました!!

先日高原校舎内のフォトスタジオで1回生俳優コース(11期生)のプロフィール写真を撮影し、このほど俳優コースのHPにアップされました。

 

キャプチャ

 

撮影は俳優コースの鈴木卓爾先生のもと和やかな雰囲気の中で行われ、初めてカメラの前に立つ1回生たちもとても楽しそうでした。

 

IMG_7383

 

これら1回生の学生たちが、今活躍されている卒業生たちの後を追って大きく羽ばたいていくことを願っています。

皆様も楽しみにしていて下さい。

 

IMG_7381

 

尚、今回の撮影は福田星夏さん(3回生)と能勢京香さん(2回生)に担当していただきました。

 

  • LINEで送る

2017年8月5日  ニュース

卒業生も参加、『STAR SAND—星砂物語—』4日より公開!

映画学科製作コースの卒業生、西岡徹さん(3期生)、畑中瑞姫さん(5期生)が撮影助手として参加した作品「STAR SAND—星砂物語—」が8月4日より渋谷ユーロライブ、8月5日より横浜ジャックアンドベティーで公開となりました!

 

Still DSC_0820 RetouchedWEB©

 

撮影監督は映画学科で2014年まで准教授を勤めていた、小川真司さんが担当しています。

編集助手にはアートプロデュース学科の卒業生も参加、映画学科の卒業作品に参加されていた吉岡里帆さんも出演されています。

 

『STAR SAND—星砂物語—』撮影現場での、小川真司さん(中)、西岡徹さん(右から2番目)、畑中瑞姫さん(左)です。

1L1C5879_Cweb

 

東京・横浜での公開以降順次全国での公開となります。皆様、是非『STAR SAND—星砂物語—』をご覧下さい!

 

『STAR SAND—星砂物語—』WEB サイトはこちらです。 → http://www.star-sand.com/

『STAR SAND—星砂物語—』公式twitterはこちらです。 → https://twitter.com/starsand_movie

  • LINEで送る

2017年8月4日  ニュース

卒業生の石倉直実さんの出演情報

今年卒業した石倉直実さん(俳優コース・7期生)が、8月6日(日)午前10時から放送の日曜ワイド『おかしな弁護士』(テレビ朝日)に出演します。

 

02

詳しくは番組HPをご覧ください。

 

  • LINEで送る

2017年8月1日  ニュース

米川幸リオンさんの一人芝居!東京こまばアゴラ劇場7日より。

俳優コース卒業生の、米川幸リオンさん(よねかわ こう りおん 6期生)が、東京こまばアゴラ劇場で8月5日より行われる、リクウズルーム×努力クラブ合同公演「飾」『Are you wearing the clothes?』の公演期間中スペシャルイベントとして、同ステージで、チェーホフ作『煙草の害について』(演出:黒田瑞仁)を一人芝居します!

 

DFBNBQ1UMAAYkqw

 

米川幸リオン一人芝居『煙草の害について』の上演日は、8月7日・8日・11日・12日です。

公演期間中、当日券は1000円、本公演の『Are you wearing the clothes?』をご覧になるお客さんは、半券提示にて500円OFFで観覧できます。

『Are you wearing the clothes?』(作・演出:佐々木透)には、俳優コースの非常勤講師として教鞭を執られている、劇団・青年団の兵藤公美さんも出演します。

 

stage_68241

 

詳しくはこちらをご覧ください! → リクウズルーム×努力クラブ合同公演「飾」『Are you wearing the clothes?』http://www.komaba-agora.com/play/4434

 

リオンさんは、年末から全国で上演が決定している、チェルフィッチュの『三月の5日間』へも、出演が決定しています。こちらも大変楽しみです。 → https://chelfitsch.net/activity/2017/06/57.html

1 2 3

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。