大学院

2018年4月

  • LINEで送る

2018年4月24日  ニュース

修了生の展覧会

こんにちは、会期中の展覧会のご紹介です。

 

品川美香さんは2015年度に、檜皮一彦さんは2017年度に、 本大学修了展大学院賞を受賞されています。

若手作家の活躍をぜひご高覧ください。

京都造形芸術大学アートプロデュース学科が運営するアート・スペースARTZONEでは、品川美香檜皮一彦による2人展inner space colonyを開催します

 

inner space colony

 

タイトル: inner space colony

会期: 2018421() – 56()

時間: 平日13:00 20:00 / 土日祝12:30 20:00

会場: ARTZONE

企画: 京都造形芸術大学ARTZONE

 

 

品川は、巨大な画面に幼児を描きます。ミツバチや花を背景にした幼児は、人工生命であるかのように生気を欠いている一方で、その瞳の奥には、深遠な宇宙が広がります。

檜皮は自らの身体をモチーフにしたインスタレーションを展開します。車椅子と明滅する光がメカニカルな空間を作り上げ、それを舞台に檜皮の身体が生々しく躍動します。 二人の作品は、人間が外的な環境と出会い、両者が溶け合っていくような領域を作り出していきます。その領域をSF作家のJ・G・バラードに倣って「内宇宙(inner-space)」と呼ぶことができるでしょう。

二人はまだ見ぬ未知の「外宇宙(outer-space)」を目指すのではなく、自らをとりまく身近な環境と予断を捨てて関わろうとします。 品川の巨大な絵画と檜皮の蠱惑的なインスタレーションは、ARTZONEにどのような内宇宙を作り出すのでしょうか。二人が作り出すinner space colonyをぜひお楽しみください。

 

 

INFORMATION

ARTZONE(アートゾーン)

604 8031 京都府京都市中京区 河原町三条下ル一筋目東入ル大黒町44 VOXビル12F

Telephone: 075 212 9676  E-Mail: info@artzone.jp  HP:http://artzone.jp/

 

ACCESS

電車・地下鉄: 京阪電車「三条駅」または地下鉄「京都市役所前駅」から徒歩5

阪急電鉄「河原町駅」から徒歩10

バス: 市バス35系統「河原町三条」から徒歩1

※駐車場・駐輪場はございませんので、上記の公共交通機関などをご利用ください。

 

 

《出展作家》

品川美香

1988  熊本県生まれ

2016  京都造形芸術大学大学院 芸術研究科芸術表現専攻修士課程修了

 

主な展覧会

2018

ARTISTSTS FAIR KYOTO/京都文化博物館別館/京都

京都新鋭選抜展2018/京都文化博物館/京都

2017

JAPAN Young Artist Exhibition in SEOULuJung Art Center/ソウル

TAIWAN ANNUAL2017EXPO Dome/台北

Insecure Tide Land-International Art Exchange ExhibitionWINWINART未藝術/高雄

群馬青年ビエンナーレ2017/群馬県立近代美術館/群馬

 

受賞歴ほか

2017 群馬青年ビエンナーレ2017 入選

2016 ホルベインスカラシップ第31回奨学生 京都造形芸術大学2015年度修了展大学院賞

 

 

檜皮一彦

大阪府生まれ

2018 京都造形芸術大学大学院芸術研究科芸術専攻修士課程修了

 

主な展覧会

2018 京都造形芸術大学大学院 修了展/京都造形芸術大学/京都

2017 コモンズフェスタ2017/應典院/大阪

新古宮展/伊丹市立伊丹郷町館/兵庫 受賞歴ほか

 

受賞歴ほか

2018 京都造形芸術大学大学院 修了展 大学院賞

2016 ULTRA AWARD 2016 Exhibition「ニュー・オーガニクス」入選

 

 

《展覧会スタッフ》

朝倉杏有、大場美葵、荻原里奈、上村双葉、吉良穂乃香、赤對美波、瀬戸山友紀、谷真鈴、 田原万琴、田原立樹、坪井はるな

 

以上、展覧会情報・コメントはARTZONEのHP(http://artzone.jp/より抜粋し記載しています。

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。