映画学科

2018年6月

  • LINEで送る

2018年6月17日  イベント

10期生自主公演「LOVE30〜女と男と物語〜」

俳優コース10期生の男女6名が、6月24日(日)、25日(月)、26日(火)、27日(水)に自主公演をおこないます‼︎

 

flyer02

 

flyer01

 

ちょっぴり甘くてほろ苦い、男女2人芝居のオムニバス構成になっています。

 

ikedanakayama

 

▲『兄への伝言』作:蓬莱竜太 出演・演出:池田きくの中山慎悟 

 

sugiharamiyamoto

 

▲『結婚相談所』作:サタケミキオ 出演・演出:杉原亜実宮本伊織

 

nakatauehara

 

▲『スパイス・イン・ザ・バスケット』作:三島ゆき 出演・演出:中田茉奈実上原優人

 

6月24日(日)は定員に達しましたが、25日(月)、26日(火)、27日(水)は、まだお席に空きがございます。

下記メールアドレスまで、ご予約をお待ちしております!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

映画学科10期生 自主公演「LOVE30〜女と男と物語〜」

6月24日(日)開演 13:30 『スパイス・イン・ザ・バスケット』『兄への伝言』『結婚相談所』

6月25日(月)開演 18:30 『スパイス・イン・ザ・バスケット』

6月26日(火)開演 18:30 『兄への伝言』

6月27日(水)開演 18:30 『結婚相談所』

 

場所:映画学科高原校舎 稽古場B(地図

入場料無料

Twitter:@10_LOVE30

 

●ご予約:eiga.LOVE30@gmail.com

 お名前、鑑賞日程、枚数をお知らせください。

 

監修:水上竜士

舞台監督:上原優人、中山慎悟

制作:池田きくの、杉原亜実、中田茉奈実

照明:村山侑紀奈

音響:関大輔

当日制作:福岡颯人

記録撮影:植原美月

フライヤー:毛利優花、岩橋優花

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

  • LINEで送る

2018年6月14日  授業風景

小田芽羅先生「映画演技VI」タップダンス授業風景

「映画演技VI」は、小田芽羅先生が担当されている「タップダンス」を習得する授業です。

 

tap_oda▶︎

〈小田芽羅先生〉

 

専用のタップシューズを履いて、まずは基本のステップをじっくり練習!

 

tap04

 

慣れてきたら、自分たちで選んだ曲に合わせて、振り付けを考えていきます。

 

tap02

 

 

tap05

 

今年も学びの成果を発表する場として、前期の終わりに「合評公演」を行う予定です。

その頃はみんなの息も合っているはず… 華麗なステップをご期待ください‼︎

 

tap10

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2018年6月12日  ニュース

OC「一日体験入学」ご参加ありがとうございました!!

6月10日(日)に行われたオープンキャンパス「一日体験入学」に、多くの皆さまにご参加いただきありがとうございました!!

 

IMG_7416

 

「映画製作コース」の「映画の世界への入り口~映画製作体験~」、「俳優コース」の「映画演技を学び『想像の世界』の扉を開けよう」共に楽しんでいただけたでしょうか。

 

IMG_7402

 

各体験授業の中で皆さまが気づいたこと、発見したことが、「映画」「演技」にとってとても大切なことになります。

 

また、「もっとああしてみたい」とか「こうしたらどうなるだろう」と言った意識が新しい「映画」「演技」を創造していきます。

 

IMG_7445

 

皆さまの「気づき」や「思い」を次につなげて行って下さい。

 

次回7月8日(日)の「一日体験入学」では「映画」「演技」のより深い世界にご案内できると思いますので、こちらにもぜひご参加下さい。

 

IMG_7454

 

また今回参加出来なかった皆さまもお気軽に参加していただければ、きっと映画学科のことを理解できると思います。

 

細かなスケジュール等、詳しくはこちらのHPをご覧下さい。

 

シーケンス 03.00_00_12_26.Still004

 

映画学科一同、皆さまに会えるのを楽しみに待っています!!

 

シーケンス 03.00_00_16_08.Still002

 

  • LINEで送る

2018年6月8日  授業風景

こやまあやこ先生「映画技術VI」授業風景

「映画技術VI」は、こやま先生のほかにも守本藍先生(衣裳・着付け)、綿屋紀子先生(衣裳・着付け)、松本さゆり先生(ヘアメイク・床山)、嵩村裕司先生(映画美術)が担当されています。

 

学生の要望から立ち上がったこの授業では、映画・テレビ用のメイクアップや、傷・死体などの「特殊メイク」の方法を学びます。

 

1wedding03

〈こやまあやこ先生と、メイクモデルの2回生・山西里奈さん〉

 

この日はグループに分かれて、「ブライダルメイク」をやってみました。

 

5wedding

 

新郎・新婦役はスーツとドレスに着替えて、実際の結婚式のようです!

 

3wedding01

 

こちらはうってかわって、「絞死体」のメイクです。サスペンスドラマなどでも目にしますね。

 

6strangu

 

発色の良いクリームファンデーションのような「ライニングカラー」を使って、傷や殴られメイクを作ります。

何も知らずに教室の外で会うと、本気でびっくりしますよ。

 

7strangu

 

次週は、「ドラァグクイーン」のメイクをやってみます。

きらびやかな衣裳とふさふさのつけまつげで、どうなることやら!! 楽しみです。

 

 

 

  • LINEで送る

2018年6月7日  ニュース

「1日体験入学」オープンキャンパス準備中!!

今週末6月10日(日)は今年2回目のオープンキャンパス、「一日体験入学」が開催されます。

 

映画学科でも体験授業の準備が着々と進んでいます。

 

IMG_5964

 

映画学科では「映画製作コース」は「映画の世界への入り口~映画製作体験~」、「俳優コース」は「映画演技を学び『想像の世界』の扉を開けよう」と言うプログラムの授業を用意しています。

 

IMG_5963

 

どちらのコースも午前は10時20分、午後は13時30分からのスタートとなりますので奮ってご参加下さい!!

 

IMG_3808

 

夏の「コミュニケーション入学(体験授業型AO入試)」の模擬体験となりますので、興味のある方はお気軽にご参加下さい。

 

大学全体のタイムスケジュール等の詳細はこちらをご覧下さい。

 

キャプチャ

 

映画学科一同とても楽しみに待っています!!

 

IMG_5967

 

 

 

 

 

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。