映画学科

2018年6月

  • LINEで送る

2018年6月6日  ニュース

鈴木卓爾監督『嵐電』オールラッシュへ!!

「北白川派」製作の鈴木卓爾監督『嵐電』の編集作業もいよいよ大詰めになりました。

 

IMG_7319

 

3月上旬に撮影がアップしてから約3か月、試写室でラッシュを見ては直しの作業を繰り返して来ました。

 

その間に8㎜映像の上映を撮影したり、映画学科でVFXの授業を担当されている西尾健太郎先生が合成作業を行ったりもして来ました。

 

02

 

明日6月7日にセミ・オールラッシュを行い、来週にはオールラッシュを予定しています。

 

これにて編集作業は大方終了し、次は録音部の整音作業に入って行きます。

 

IMG_9943

 

その後も映画は配給宣伝の仕事があります。

 

長い道のりを経て、『嵐電』は来年夏の公開を目指します。

 

どうぞ楽しみに待っていて下さい!!

 

IMG_9973

  • LINEで送る

2018年6月2日  イベント

辻凪子さん「なんばグランド花月」に出演!!

今年卒業した辻凪子さん(8期生)が7月4日(水)5日(木)に「なんばグランド花月」で上演される、「吉本新喜劇 佐藤太一郎企画その21 『夏の魔球’18』」に出演します。

 

02

 

凪子さんはやはり去年「なんばグランド花月」で上演された、同企画の『風のピンチヒッター’17』に続いての出演となります。

 

詳しくははHPをご覧下さい。

 

01

 

これからも辻凪子さんの活躍にご期待下さい!!

 

 

 

1 2 3

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。