アートプロデュース学科

2018年7月

  • LINEで送る

2018年7月30日  ニュース

【夏期コミ】在学生体験談!

みなさん、こんにちは。

早くも今週末からは「夏期コミュニケーション入学」がはじまりますね〜。大学に来るのを楽しみにしている人もいれば、緊張している人もいるかと思います…!

そこで、昨年の夏期コミュニケーション入学を体験した、奥西琴子さんとのカーネル尾瀬 カイくんの二人にインタビューを行いました。当時を振り返ってもらいながら、体験時の心構えなどを聞いてみました。

 

  • 「夏期コミュニケーション入学」インタビュー

アートプロデュース学科(ASP)1回生|奥西 琴子さん(大谷高等学校 出身)、

                     カーネル尾瀬 カイくん(宝塚北高等学校 出身)

IMG_0620

もうすぐ夏期コミュニケーション入学が始まりますが、そもそも二人の参加のきっかけは?

カーネル(以下、カ)普段の授業がどんな感じなのかも把握できると思って、夏期コミを選びました!

 

奥西(以下、奥):私は夏のオープンキャンパスで夏期コミに申込みをしたんですけど、京造の他にも希望の大学があって迷ってて…。親から「そんなに迷うんやったら、ひとまず受けてみたら」って言われて、受験したのがきっかけです!

 

:他にも行きたい大学とかコースがある時には、とりあえず「受けてみる」っていう、手軽さみたいな感じは良いなと思った。

 

:わりと軽い気持ちで受けました。

 

:体験授業だし、前日でも緊張しすぎることもなく、明日学校や!楽しみ!みたいな。(笑)

あと、僕は同時に他のコースも気になっていて。どっちも興味あるけどわからない時は、併願でエントリーできるし、

実際に先生たちと接することで学科の雰囲気がわかるから、決め手になる情報が増えるのは良いなと思った。

 

 

  • ●実際に体験してみてどうだった?

:でも夏期コミの日は、結構緊張した!(笑)それでも先生たちが「緊張しすぎだよ〜」とか「リラックスして良いよー」みたいな声をかけてくれたから、結構気がほぐれたりとかした。

 

:特にワークショップが楽しかった。

 

:そうやな!楽しかったな!

 

: あとは、なるべく自然体で参加できるようにしました。無理やりしゃべるとか、頑張るとかは全く思ってなくて。思ったことをそのまま話して、動くようにしようみたいな気持ちでいました。

 

:無理やりがんばらなくても良い雰囲気はやりやすかった。授業内容は今まで受けたことないような変わった授業だったし、とにかく「なるほど!」ってなる気づきが多かった。それはそれで楽しくて。その中で友達ができたりもして(笑)。重たい感じはしなかった。

 

:うん。それに、自分以外の人の意見をたくさん聞けるのが面白かった

先生たちが想像以上に元気で(笑)。他に比べておとなしい学科なのかなとか思ってたけど、人間的にも専門分野的にも個性的な人が多くて、予想してた印象とはギャップがあった…!

受験者にも先生にもいろんな人たちがいて、いろんな発見があるなーって思えた授業だった。

 

IMG_0583

  • ●コミュニケーション入学の強みはなんだと思う?

:他の試験は「学力」とかを重視しがちだけど、コミュニケーション入学は、自分たちが積極的に受けて、本当にこの学科に入ってやっていけるか、楽しめるかを体験して、入学を判断できるのが強みだと思う。当日の授業時に友達とか先生たちとも顔を合わせてるから、入学の時にはすんなり学科に入っていけるし!

 

:周りによく高校と大学は全然違うでって言われるけど、実際勉強して入るから、大学も高校と一緒やんって思ってて。でも夏期コミ受けて、こういうのが大学で、大学ではこんなことを考えたり学んだりするんやって、

実際に授業を受けることができたから気づけた。学力とか勉強だけじゃないんやなって。

 

:あとは、入学の結果が早いのは他の試験とは違うね!僕はなるべく早く終わらせて学校の行事に力を入れたかったから、スケジュール的にとても嬉しかった。

 

IMG_0593

  • ●夏期コミュニケーション入学に必要なものがあれば教えてください!

:アンテナを張る!

 

:???(笑)

 

:わかりやすく言うと、身の回りにあるものすべてに興味を持つ…センサーを張る!これは、なんでこうなっているんだろうとか、すべてに疑問を持つ練習をしておくと、ASPに入った時に良いスタートダッシュが切れると思う。

あとは、相手が言った意見とか感想に対して、反応することかな。それをちゃんと声に出して、言える練習もしてた方が良いかも!

 

:必要なもの!? うーん…余裕?

 

:余裕…?(笑)なんで?

 

:なんか、余裕があれば緊張しないし…。言い換えると「見栄を張らない」かな。

 

:あ〜!!うんうん。夏期コミをバトルフィールドやと思わへんことやと思う。

 

:わかる!

 

:戦場やと思わへん方が良い。

 

:「受験は戦い」って言うもんな…。

 

:そう教えられるけど、ASPの夏期コミはそうじゃない。その瞬間をそこに居る人と楽しむことが一番大事だと僕は思う。そうすると、緊張もとけるし、琴子の言うように見栄を張らずに楽しめると思う。

 

:確かに。結論、戦わんでいい!(笑)

 

IMG_06121

  • ●最後になりますが、夏期コミュニケーション入学のエントリー者へメッセージをどうぞ!

:一人暮らしをオススメする!!

 

:それ、まずは受からないとね(笑)その他は?

 

:その瞬間を全力で楽しんでほしい!(笑)受かるとか、落ちるとか、そういうの心配しすぎずに。

ASPの夏期コミは、一緒に受験してる人たちによって、その日体験できることも違うから。はじめは全然知らない人やけど、その人たちと全力で楽しむこと。相手に対して、疑問とかをいっぱい抱きながら、授業に参加すること!

もし落ちたとしても、その時経験したことはずっと活かしていけるし、楽しめば良い思い出として残るしね。

 

結果を気にしすぎず、今できることをやればいい!

 

YES WE CAN!

 

/////////

 

二人とも、ありがとうございました◎

まだエントリーを迷っている方も、もう希望のコースを決めている方も、「夏期コミュニケーション入学」で学科を見定めるような勢いでチャレンジしてくれたらと思います。

奥西さんとカーネルくんからもあったように、当日の体験入学は緊張ばかりしていたらもったいないので、誰よりも楽しむ気持ちで来てくださいね。

それでは、8月にお会いしましょう〜!

 

 

 

IMG_06371

 

夏期コミュニケーション入試の詳細はこちらから⬇︎

■■■夏期コミュニケーション入試■■

志望のコースを選んで、学生になったつもりで2日間授業を受けていただく、体験授業型のAO入試です。

エントリー8月1日(水)必着

体験授業日:A日程 8月4日(土)、5日(日)

        B日程 8月6日(月)、7日(火)

 

  • LINEで送る

2018年7月23日  イベント

「夏のオープンキャンパス」ご来場ありがとうございました!

週末に行われた「真夏のオープンキャンパス」が無事終了しました。

2日間とも、大変暑い中多くの方々にご来場いただきました。ありがとうございました!!

IMG_0508

今年度は受験目前の高校3年生のほか、2年生、そして留学生にもたくさん来ていただけました。

それぞれ、夏期コミュニケーション入試の対策や今後の進路選択のヒントが得られた2日間になったのではないかと

思います。

 

IMG_0504IMG_0437

 

また、先日中止となってしまった「1日体験授業」の代替イベントとして、緊急で「体験講座」も開催されました!

アートプロデュース学科では、伊達先生による「見せ方ひとつで傑作に?」という写真を使ったワークショップ型の

授業を行いました。

IMG_0439

ワークショップの内容は、各グループに配布された、様々な写真作品の中から気になるものを3枚選び取り、写真の

魅せ方も工夫しながら、オリジナルのストーリーを作っていくというもの。

完成後は、各グループの参加者に自分の考えたストーリーを想像して読み解いてもらいました。

 

IMG_0453

IMG_0469

各参加者からは、

 

・同じ写真を見ていても、みんなが想像するストーリーは違う。ぞれぞれのものの見方には、その人の過去や経験が

あらわれているんだと思った。

・写真の組み合わせ方や見方ひとつで、想像する物語が「恋愛」から「サスペンス」にもなる。たくさんの人と見れば

見るほど、物語がいくらでも広がっていくところが面白かった。

 

といった感想が!!

スタッフも参加者の意外な発想を聞いたり、今までにない写真の組み合わせをみることができて、とても楽しかった

です。体験講座にもご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

 

アートプロデュース学科でも他学科でも、今回京都造形芸術大学への進学を考えているみなさんは、このオープンキャンパスで発見したことや体験したことを活かして、

ぜひ夏期コミュニケーション入試にチャレンジしてみてください!(暑い日が続いているので、体調管理にも気をつけてくださいねー!)

また入試でお会いできるのを楽しみにしています。

 

 

 

夏期コミュニケーション入試の詳細はこちらから⬇︎

 

■■■夏期コミュニケーション入試■■

志望のコースを選んで、学生になったつもりで2日間授業を受けていただく、体験授業型の入試です。

 

エントリー:8月1日(水)必着

体験授業日:A日程 8月4日(土)、5日(日)

        B日程 8月6日(月)、7日(火)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2018年7月19日  イベント

【お知らせ】体験授業緊急開催します!

みなさん、こんにちは。

暑い日が続きますが、みなさん体調などは大丈夫ですか?

今週21(土)、22日(日)に開催される、真夏のオープンキャンパス」についてお知らせです。

 

毎回各学科で行っているワークショップに加え、先日中止となってしまった、「1日体験授業」を緊急開催することになりました!今回もイベント盛りだくさんです。

アートプロデュース学科は「見せ方ひとつで傑作に?」というテーマで、授業を行います。

昨年の体験授業の様子

昨年の体験授業の様子

夏期コミュニケーション入試の対策としてはもちろん、受験したいコースを見極めるためにもなります。

また、高校1・2年生にとっても、気になる学科の特色や学びを知る体験になると思いますので、みなさん気軽にご予約ください。

両日とも、定員制先着順(25名まで)、事前予約制となっているので、以下の詳細をご確認の上、早めのお申し込みをオススメします!

 

オープンキャンパスの詳細や体験授業のお申し込みは、こちらから ▼

京都造形芸術大学 「真夏のオープンキャンパス!」

 

4月のオープンキャンパスでの、ワークショップの様子

4月のオープンキャンパスでの、ワークショップの様子

当日は、学科ブースで行われる「みるみるうちにみるみるわかる!?モネパズル」のワークショップや、教員や学生スタッフによる「学科・コース相談コーナー」も設けているので、

ふらっと遊びに、学科の特徴を知りに、進路の相談!などなど…いろんな目的でブースを訪れてもらえたらなと思います。

学科一同、みなさんにお会いできるのを楽しみしています〜!

 

 

asp

  • LINEで送る

2018年7月10日  イベント

【第2回ASPer】「アートにまつわるイベントを体験しよう」レポート

みなさん、こんにちは。6月17日()に「高校生アート・サポーター・プロジェクト2018 ASPer」第2回目を開催しました!

今回は『アートにまつわるイベントを体験しよう』というテーマのもと、アートプロデュース学科の先輩である山城大督先生に講義をしていただきました。山城先生は美術館で教育普及をするミュージアムエデュケーター、そして映像を専門としたアーティストとふたつの顔を持っています。

IMG_64631

今回の講義では美術館での鉄板ネタだという「イヤー・クリーニング」という耳を使ったワークショップを行いました。このワークショップは、私たちが普段キャンセリングしている(意識していない)音に意識を向け、「耳をひらく」ためのものです。山城先生曰く、体験したら今までの自分には戻れないそうです!

方法は、まず2分間全神経を耳に集中させ聴覚を研ぎ澄まします。その後、きこえた音をすべて紙に書き出し参加者全員で共有します。IMG_64671

私たちはどんな音も逃すまいと集中し、エアコンの音や時計の音、床の軋む音など、日常に存在しているのに意識しなければきこえない音がたくさんあることに気付きました。また、全員で共有してみると他の人は気付いたけれど自分は気付かなかった音があり、自分の意識が及ぶ音の範囲が広がる体験をしました。

 

ささいな音にも意識が及ぶようになったところで、今度はARTZONEを飛び出し木屋町の飲食店街から鴨川まで散歩しました。

IMG_64811

IMG_6494

耳をひらいた状態で外に出ると、びっくりするほどたくさんの音にあふれていて、普段私たちがどれだけ音をキャンセリングして生活しているかを実感しました。

川の流れが岩に当たる音、人びとが行きかう足音、柳の葉の擦れる音、風が耳を撫でる音すらも感じることが出来ました。

IMG_6516

その後、鴨川でグループに分かれて外ではどんな音が聞こえたか、何に気づいたかを話し合いました。

感覚はひとりひとり違うものであることを実感した高校生たちは、自分の感覚を共有するために言葉を選び、言葉をつくし、初対面同士でも交流が深まりました!

IMG_6544IMG_65511

作品を味わう、特に現代アートに多い、視覚だけでなく全身でみる作品(インスタレーション作品など)を鑑賞するためには、自分の五感を最大限使うことが必要です。普段の生活や自分の意識が及ばない世界に足を踏み入れることが、アートを味わうという非日常を連れてくるのではないでしょうか。

アートの世界をつくるためには作品制作や展覧会企画だけでなく、鑑賞力をやしなう「アートにまつわるイベント」も行っていることを知ってもらえたのではないかと思います。

IMG_65921

以下、参加した学生による感想

 

外では自然の音と人口の音があり、日常では当たり前だけど不思議な空間だなと思いました。主観的ですが、人口の音は汚く感じました。自分の感覚が研ぎ澄まされました。新しい体験ができました。

 

いつもだと、イヤフォンをしていたり、考え事をしていたりで全く意識せずに通っていた場所、音がすごく沢山聞こえてきて、意識して音を聞くと、耳だけじゃなくって目から入ってくるものも変わるんだなぁと思いました。沢山の人とお話しも出来てとても楽しかったです。

 

次回でASPerも最後になります!!

今まで参加してきた皆様、初めて参加してくださる方もアートというものを堪能してもらえる内容になっていますので是非ご参加ください。

 

 

ASPer学生スタッフ:尾上伊津季(3回生)、川上日南子、赤對美波、田染早都、西田太陽、平山希実(2回生)

次回イベント予告

ASPer(エスパー)

ブログキャッチ

7月15日(日)に、高校生アート・サポータープロジェクト ASPer 第3回「展覧会の裏側ってどうなってるの?」を開催します。

ASPerは、「アート」について学科の教員・在校生と一緒に考え、体験するプロジェクトです。「アート」の世界は想像以上に大きく、そして幅広く社会に活かしていけることを実感してもらえるプログラムを用意しています!これで最終回となりますが、1、2回目参加できなかった高校生も気軽にご参加下さい。

詳細はこちらから☞高校生アート・サポーター・プロジェクト ASPer

 

真夏のオープンキャンパス! 夏期コミ入試対策!

スクリーンショット 2018-07-10 17.06.14

7月21日(土)、22日(日)には、京都造形芸術大学 真夏のオープンキャンパス!」を開催します!

高校3年生にとっては夏コミの入試対策に!高校1、2年生もぜひ遊びに来てください。
アートプロデュース学科は、アートを新たな側面から学ぶ学科です。これまで知らなかった学びの内容に、出会うかもしれませんよ!?当日は、学科の学生スタッフと教員がみなさんをお迎えします。大学生活や学科の活動についてじっくり話せるチャンスです!

詳細はこちらから☞真夏のオープンキャンパス!

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。