映画学科

2018年7月

  • LINEで送る

2018年7月10日  ニュース

阪元裕吾監督の新作『ファミリー☆ウォーズ』が8月に公開!!

在学中から数々の映画賞を受賞して話題作を放って来た阪元裕吾監督(8期生)の新作『ファミリー☆ウォーズ』が8月から公開されます!!

 

阪元監督にとって卒業後初めて取り組んだ今作が、初の一般公開作品となります。

 

De04rAVVMAA0Pkd

 

今作は8月25日(土)より開催される第5回『夏のホラー秘宝祭り2018』として、在学中に撮影された『ハングマンズ・ノット』と共に以下の劇場で公開されます。

 

東京「キネカ大森」  名古屋「シネマスコーレ」  大阪「シアターセブン」

 

詳細は各劇場のHPをご覧下さい。

 

02

 

また今作には映画学科の卒業生や在学生が数多く出演されていますので、ぜひご注目下さい!!

 

上のしおりさん(11期生)、吉井健吾さん(8期生)、松本卓也さん(8期生)安田ユウさん(8期生)辻凪子さん(8期生)林夏輝さん(11期生)藤井愛希さん(9期生) 

 

 

 

これからも映画学科の「映画製作コース」「俳優コース」共にご期待下さい!!

  • LINEで送る

2018年7月8日  ニュース

中田侑杏さんのゼミ作品が2つの国際映画祭で入選!!

中田侑杏さん(10期生)が去年の短編ゼミで監督をした『京』が、第27回「レインボー・リール東京〜東京国際レズビアン&ゲイ映画祭〜」のコンペティションに入選し、7月16日に東京「スパイラルホール」で上映されます。

 

miyako_main のコピー

 

また同作品は「アジアン・アメリカン国際映画祭」の「ショートプログラム・青年部門」にも入選し、こちらは8月4日にニューヨークで上映されます。

 

miyako_sub1

 

この2回生ゼミは国際的なプロデューサーである仙頭武則先生が担当しており、国際映画祭へのエントリーを目的とし、そのための戦略を学んで実践をしました。

 

今後もゼミや卒制、自主制などのこのような挑戦を期待しています。

 

miyako_sub2

 

『京』(16分)

監督 中田侑杏

企画 池田沙月  脚本 川島千京・唯野浩平  音楽 梅村和史  撮影 廣井駿介  録音 池田沙月

他 仙頭・鈴木ゼミ   

 

出演 戸梶泰志 佐野満弥子(俳優コース11期生) 水俣俊博 杉浦亜美(俳優コース10期生) 水瀬望 他

  • LINEで送る

2018年7月6日  ニュース

「PFFアワード2018」に卒制2作品が入選!!

先日「第40回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」のコンペティション部門「PFFアワード2018」の入選作品が発表され、映画学科の2017年度卒業制作2作品が入賞しました!!

 

先ずは卒展で「学長賞」を受賞した工藤梨穂監督『オーファンズ・ブルース』です。

 

編集2.mp4_snapshot_01.54.11_[2018.07.06_17.03.22]

 

もう1本は同じく「優秀賞」を受賞した植木咲楽監督『カルチェ』です。

 

カルチェ.mp4_snapshot_01.09.25_[2018.07.06_16.48.06]

 

これら2作品は9月8日(土)から「国立映画アーカイブ」で開催される「第40回ぴあフィルムフェスティバル」で上映され、9月20日(木)に行われる表彰式にて、最終審査員らにより各賞が発表されます。

 

編集2.mp4_snapshot_00.20.43_[2018.07.06_17.01.31]

 

去年の同映画祭コンペティションではやはり映画学科卒業生の尾崎健監督『やさしいフルスイング』が入選しています。

 

また今年の「PFFアワード2018」においても、他の卒業生たちの2作品が1次通過をしていました。

 

カルチェ.mp4_snapshot_00.47.35_[2018.07.06_16.46.41]

 

これらの受賞は今年の卒制や、後に続く後輩たちの大きな励みになることと思います。

 

皆さま、今年の卒制にご期待下さい!!

  • LINEで送る

2018年7月4日  授業風景

「映画演出制作基礎 I」初めての撮影実習‼︎

6月30日(土)、7月1日(日)、「映画演出制作基礎I」という授業で1回生が初めての撮影実習を行いました。

 

ensei_18

 

製作・俳優コース混合の6班に分かれ、同じ脚本を使った短編映画を撮影するので、同じシーンでも6通りの撮り方、演じ方が生まれます。

 

ensei_23

 

4月から「脚本・演技演出」「撮影・照明・録音・美術」など映画づくりの基礎を解体して掘り下げてきました。

その学びの実践とあって、真剣そのものです!

 

ensei_25

 

ensei_26

 

急な雨で室内の撮影にスケジュールを変更したり、台車にカメラを載せて移動撮影をしてみたり。

みんなで出し合ったアイデアは、成功も失敗も、きっと今後の糧となることでしょう!

 

 

  • LINEで送る

2018年7月3日  ニュース

佐々木詩音さんが舞台『青空のメロディー』に出演!!

俳優コース卒業生の佐々木詩音さん(8期生)が明日から上演される「劇団アキバロード」第7回公演 『青空のメロディー』 に出演します。

 

01

 

佐々木詩音さんは今年卒業したばかりで、卒業後初めての舞台となります。

 

なお当公演の脚本は映画学科俳優コース長の水上竜士先生です。

 

Df5K7-zV4AskaF3日時 7月4日(水)12時30分 / 5日(木)18時30分 / 6日(金)12時30分 / 7日(土) 18時30分

   (開場は開演の30分前)

 

場所 東京「ワーサルシアター八幡山劇場」

 

料金 一般:前売り4000円/当日4500円  学生:前売り3000円/当日3500円

 

詳細はこちらをご覧下さい。

 

Df5K7-2U8AEyYK4東京にお住まいで、時間のある方はぜひお越し下さい!!

 

 

 

 

1 2 3 4

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。