映画学科

授業風景

  • LINEで送る

2018年7月26日  授業風景

1回生全員履修「作品研究基礎」授業風景

映画学科の授業は、カメラを回したり、即興演技をしたりといった「実習」ばかりではありません。

「作品研究基礎」は、古今東西の映画を「観る」ことに焦点を当てた授業です。

 

1_sakuhinkenkyukiso05

〈 北小路隆志先生 〉

 

授業担当の北小路先生は、劇場パンフレットや新聞・雑誌のコラムで様々な映画についての考察を執筆されています。

みなさんも、どこかで読んだことがあるかもしれません!

 

2_sakuhinkenkyukiso01

 

授業では、なぜ恐ろしいのか、なぜ胸が高鳴るのかを考えながら、毎週みっちり映画を観ます。

 

sakuhinkenkyukiso05

 

そして、画面のフレーミングや光の濃淡、人物の配置や語りの順序など、感情に訴えるいろいろな映画の「しかけ」を分析していきます。

 

4_sakuhinkenkyukiso02

 

なぜそう感じたか? をひも解いたら、それを「文章」にしてみます。

感じて、考えて…を繰り返し続けていきます。

 

映画を「観る」ことは「つくる」ことと同じ! そんなことを実感する授業です。

 

 

 

 

 

 

関連記事

<4142434445>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。