映画学科

2018年10月

  • LINEで送る

2018年10月20日  ニュース

鈴木卓爾監督『ゾンからのメッセージ』京都上映!!

映画学科の教員である鈴木卓爾監督『ゾンからのメッセージ』が、京都「出町座」で11月10日(土)より16日(金)まで上映されます!!

 

Dp4C4Z3VYAAntcE

 

同作品は映画学科「北白川派」プロジェクトとして制作された『嵐電』の来年公開(予定)を控える鈴木卓爾監督が、2016年に公開されたジョギング渡り鳥』の次に制作した作品です。

 

up_suzukit

 

鈴木卓爾監督独特のメタフィジカルなSF、のような摩訶不思議な作品をお楽しみください!!

 

上映時間など詳細等は「出町座」HPをご覧下さい。

 

  • LINEで送る

2018年10月19日  ニュース

上川周作さん出演『止められるか、俺たちを』公開!!

上川周作さん(5期生・「大人計画」所属)が出演する白石和彌監督『止められるか、俺たちを』が、明日10月20日(土)より「京都シネマ」で上映されます。

 

tomeore_top_02

 

上川さんはNHK大河ドラマ『西郷どん』にも出演しておりました。

 

p_kamikawa_b_w

 

また当作品は故若松孝二監督を描いた内容ですが、来年公開を控える映画学科の「北白川派」プロジェクト=鈴木卓爾監督『嵐電』で主演を務めました井浦新さんが若松孝二監督役として出演しています。

 

スケジュール等詳細は「京都シネマ」をご覧下さい。

 

 

  • LINEで送る

2018年10月17日  授業風景

個人発信授業「演プロIV」

今期からスタートした個人発信の授業「映画演出・プロデュースIV」の3回目が先週10月13日(土)に行われました。

 

IMG_0721

 

この授業は映画製作での個人の発信力の強化を図る内容で、今回は「写真」について創造学習センターの中山博喜先生に担当していただきました。

 

IMG_0733

 

当日は午前中「写真」と「カメラ」の基本からレクチャーしていただき、午後からはフォトスタジオで実際に人物の撮影をしました。

 

001417010021

 

学生たちは「映画」での撮影と照明の知識はあるものの、スタジオでの「写真」撮影の技術の学習に真剣な眼差しで取り組んでいました。

 

IMG_0768

 

次回はこの日撮影した写真などを使用して、「フライヤー」や「ポスター」を作る授業となります。

 

001417010015

 

  • LINEで送る

2018年10月13日  ニュース

『オーファンズ・ブルース』『カルチェ』が「TAMA NEW WAVEコンペティション」ノミネート!!

2017年度卒制作品の工藤梨穂監督『オーファンズ・ブルース』と植木咲楽監督『カルチェ』が「第19回TAMA NEW WAVE」コンペティションにノミネートされ、11月23日(祝・金)に上映されます!!

 

ポストカード カナ英語10種類_180207_0005

 

また男優賞には『オーファンズ・ブルース』の上川拓郎さんと『カルチェ』の木村知貴さん、女優賞には『オーファンズ・ブルース』の村上由規乃さんと『カルチェ』の高橋彩音さんがノミネートされています。

 

b51d2d305f4fc1e7406519a6575b02f0

 

「PFFアワード2018」に続き、今回も両作品がノミネートされたことは快挙です。

 

各賞の受賞を期待しましょう!!

  • LINEで送る

2018年10月10日  ニュース

大西礼芳さんが明日『VS嵐』に出演!!

俳優コース卒業生の大西礼芳さん(3期生・「トライストーン」所属)が、明日「関西テレビ」で19時から放送の『VS嵐』に出演します!!

 

キャプチャ

大西さんは先週から「関西テレビ」で放送開始されました『結婚相手は抽選で』と言うドラマに今週から出演します。

 

10月13日(土)の24時からの放送ですので、ぜひこちらもご覧下さい!!

 

キャプチャ2

 

 

 

 

1 2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。