映画学科

授業風景

  • LINEで送る

2018年10月26日  授業風景

映画の美術とは?「映画技術基礎IIIA」

「映画技術基礎IIIAB」は、1回生後期から受けられる、「映画のなかの美術」について学ぶ授業です。

この授業は、映画学科の教員で、これまで国内外で多くの映画美術を作ってこられた嵩村先生が担当されています。

 

kasamura01

〈嵩村裕司先生〉

 

「映画のなかの美術」といっても広範囲におよびますが、今回はスタジオにセットを建てることを想定して、セットの壁となるパネルを作りました。

 

panel

 

パネルのおもて面には、「ちゃちり」と呼ばれる紙を下貼りしてから、物語の時代や場所、人物設定に合わせて色を塗っていきます。

 

toryo_nuru

 

塗料が重たいうちは穴を上にしてバケツに注ぐと、液だれも少なく注ぎやすい! 知っておくと便利な小技ですね。


panel_nuri

 

基本となる白を塗りましたが、「ちゃちり」を下貼りしておくと、ちゃちりを剥がして貼り直せば別の色を塗って再利用することができます!

 

これがセットの壁となり、登場人物の「部屋」や「とあるカフェ」…など、映画の舞台となっていくのですね。

 

nikoniko

 

高いところは助け合い、皆楽しみながら作業を終えました!

 

 

関連記事

<678910>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。