プロダクトデザイン学科

2019年2月

  • LINEで送る

2019年2月25日  授業風景

春休み!授業紹介コーナー!

 

みなさん、こんにちは!

 

 

卒業展も無事に終わり、大学は春休み真っ只中!

卒業展にご来場いただきましたみなさま、本当にありがとうございました!!

 

 

 

さて、春休み期間中のブログでは、プロダクトデザイン学科の

授業の様子をお届けしたいと思います!

 

1弾の今回は、1年生の後期に行われた授業 “ PD総合Ⅰ” という

 ハサミをデザインする授業 での合評の様子をお届けします◎

 

b

・・・合評とは?

 

 合同講評会の略。

 1人1人自身の作品を先生方の前で発表し、講評してもらいます。

 

 

プロダクトは、デザインをして終わりではなく、

誰かに実際に使ってもらい、フィードバックを得ることが

とても大切なのです。

 

使用してもらって修正、また使用してもらって修正・・・

この繰り返しからより良いデザインが生まれていくのです○

 

 

 

▽工房での制作作業の様子

 

e f g

 

▽合評の様子

 

h i

みんな緊張しながらも、

しっかりとプレゼンテーションを行っていました!

 

 

そして今回は、学生がデザインをしたはさみを2点紹介します ↓

 

はさみ_合成

△このはさみは、刃を開くとなんと定規に変身!

 

筆箱の中に、はさみ・定規のかさばる2つを

持っていなくても、これさえ持っていれば大丈夫○

 

一石二鳥なはさみはさみなのです!

 

 

n

△そしてこちらのハサミは、

自立することができるはさみ○

 

いろいろな道具を使って作業している時、

はさみが自立することによって道具の持ち変えがスムーズにでき、

作業効率もアップします!

 

特に芸大生向きなはさみかもしれません

 

 

***

 

 

もうすでに世の中に流通しているはさみですが、

学生達からより便利な、面白いはさみのアイディアが生まれていて

感心してしまいました!

 

 

決して楽な課題ではありませんが、

試行錯誤しながら課題をやり遂げた学生は、

きっと大きく成長していることでしょう!

 

  • LINEで送る

2019年2月11日  イベント

\\卒業展が始まりました//

 

 

みなさん、こんにちは!

 

 卒業展 がついに始まりました!

 

・・・・・・・・・・・・・卒業展・・・・・・・・・・・・・

 

 期間:2/9(土)~2/17(日) 10001800

 場所:京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス 

    *プロダクトデザイン学科は直心館で展示しています!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

直心館への行き方など、プロダクトデザイン学科の卒展情報は

学生運営のツイッター・インスタグラムにて紹介しています!

 

○ツイッター  @KUAD_PD_2019

○インスタグラム  kuad_pd_2019

 

 

今回は、卒業展の様子を少しだけお届けします☆

 

b c

プロダクトデザイン学科は、

直心館J35、J36、J37という教室で展示を行っています!

 

 

家具・子供のおもちゃ・時計・アプリなどなど・・・

様々なジャンルの作品が並んでいます!

 

実際に触れたり遊んだりすることのできる作品もありますよ◎

 

d e

 

 

▽ そして、展示会場には オレンジの名札を下げた学生 が待機しています。

 

f g

作品の説明など、お聞きしたい事がありましたら

学生スタッフまでお尋ねください!

 

 

また、 学生の作品を載せた作品集(図録)も販売しています。 *1500

受付にて販売しておりますので、ご希望の方はぜひ受付にお声かけください!

 

 

 

雨が降ったり、雪がちらついたりと天候も不安定ですが

みなさま、お足下に気をつけてお越しください◎

 

お待ちしております!

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。