マンガ学科

2019年6月

  • LINEで送る

2019年6月28日  ニュース

卒業生・赤池うららさんの連載第2話!

現在発売中の「デザート」8月号にて、3期生・赤池うららさんの作品

「恋の音、みつけた」の連載第2話が掲載中です!

1話はこちらから読むことができます!

 

 01

一菫(いつき)の忘れ物を兄、傑(すぐる)から託されたちなりは一菫の通う高校へ!

はたして、ちなりは忘れ物を届けるとができるのか…

一菫とのドキドキシーンは見逃せません!

 

 02

 一菫はちなりにどんな感情を抱いてるのか気になってしまいます…!

来月の展開楽しみですね!

 

————————————————————————————

お知らせです!

6/9(日)、7/7(日)に高校生・受験生を対象としたオープンキャンパスがあります。

誰でも芸大生になれる、1日体験入学  オープンキャンパスです!

マンガ学科の丁寧な指導を受けることができるチャンスなので、

少しでも気になる方は是非ご参加ください!

https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-09_07-07/

 

今後のオープンキャンパスの予定は以下のURLより確認できます!

https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/

お待ちしております!

  • LINEで送る

2019年6月27日  ニュース

2019年度優秀学生賞授賞式!

6月21日、ギャルリ・オーブにて優秀学生賞の授賞式が行われました!

IMG_5121

優秀学生賞は各学科から創作・研究活動や課外活動に秀でた学生が選抜されており、

今年も各学科から選出された学生が一堂に会しました。

 

マンガ学科からは4年生・石原京香さんと

IMG_5083

4年生・橋本涼平くんが選ばれました。

IMG_5095

2人ともすでにマンガ家デビューをしており、在学中ですがマンガ家としても立派に活躍しています!

授業にも熱心に取り組んでいるところも併せて受賞に繋がったのだと思います!

 

受賞した2人から感想を貰いました!

image2

石原さんは「獲れたらいいなと思っていたけど、実際に受賞できて嬉しいです。」

橋本くんは「本当に嬉しいし、もっと高みを目指そうという気持ちになりました。」

 

2人の今後の活躍に期待大です!本当におめでとうございます!!

 

 

————————————————————————————

お知らせです!

7/7(日)に高校生・受験生を対象としたオープンキャンパスがあります。

誰でも芸大生になれる、1日体験入学  オープンキャンパスです!

マンガ学科の丁寧な指導を受けることができるチャンスなので、

少しでも気になる方は是非ご参加ください!

https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-09_07-07/

 

今後のオープンキャンパスの予定は以下のURLより確認できます!

https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/

お待ちしております!

  • LINEで送る

2019年6月26日  授業風景

「エッセイマンガ」の授業で『クマのプーさん展』に行きました!

 

 「エッセイマンガ」では企画展を見てエッセイマンガに描き起こす課題があります。

今年はあべのハルカス美術館で開催中の『クマのプーさん展』に行ってきました!

 

クマのプーさんはストーリーの生みの親A.A.ミルンの息子、クリストファー・ロビンとおもちゃから着想を得て、

イラストを描いたE.H.シェパードと共に物語を膨らませていったことが原点だそうです!

 

DSC_4536

 原画やスケッチを始め、実写映画の「プーと大人になった僕」で使用された小道具など様々な展示物がありました。

中でも驚いたことは、プーさんの本では文章と絵を組み合わせて1つのデザインに仕上げる表現は、当時は新しいアイディアだったそうです!

 

DSC_4554

DSC_4564

 展示会ではプーさんの世界観のフォトスポットが多数そろえられており、

学生たちもノリノリで写真撮影をしました!

 

DSC_4591

 マンガと似て非なる作品の展示でしたが、表現方法は違っても物語を生み出す点では共通部分が多かったのではないでしょうか!

エッセイマンガの題材だけでなく自身の作品制作にも役立ってほしいものです!

 

————————————————————————————

お知らせです!

6/9(日)、7/7(日)に高校生・受験生を対象としたオープンキャンパスがあります。

誰でも芸大生になれる、1日体験入学  オープンキャンパスです!

マンガ学科の丁寧な指導を受けることができるチャンスなので、

少しでも気になる方は是非ご参加ください!

https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-09_07-07/

 

今後のオープンキャンパスの予定は以下のURLより確認できます!

https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/

お待ちしております!

  • LINEで送る

2019年6月25日  イベント

紗久楽さわ先生トークイベントが開催されました!

6月19日にマンガ作品「百と卍」が第22回文化庁メディア芸術祭で優秀賞受賞を記念して紗久楽さわ先生のトークイベントが行われました!

S__59752495

紗久楽先生は本学舞台芸術学科の卒業生で、マンガ学科も協賛という形で協力させていただきました!

 

文化庁メディア芸術祭とは文化庁メディア芸術祭実行委員会が主催をしているアートとエンターテインメントの祭典です。

芸術性と創造性をもつ優れたメディア芸術作品を表彰することを目的に、1997年度から毎年実施されています。

 

トークイベントでは紗久楽先生と、学生時代の担当教員であった舞台芸術学科の平井先生お二方の対談形式でした。

学生時代のことから現在のマンガに関することまで幅広くお話を聞くことができました!

IMG_6615

紗久楽先生は江戸文化や浮世絵などがとてもお好きで、それをいろんな人に伝えたいと思い「百と卍」を描いたそうです。

BLというジャンルを選んだのは「実際の江戸時代にも男色があり、資料にも残されている。

江戸をテーマにして読者が一番興味をもってくれるものとしてBLを選んだ。」という理由でした。

世間的にはBLというと女性読者が多そうですが、紗久楽先生は女性向けという意識はしておらず、

男性やいろんな人に読んでほしい!と熱く語っておられました。

 

紗久楽先生が京造に在籍していたころはマンガ学科がまだ設立されていなかったのと、

当初は舞台関係の仕事に就こうと考えていたので舞台芸術に入学を決めたそうです。

結果マンガ家の道を歩むことになりましたが、学生時代の授業はもちろん、演出などを担当されていた経験は今も役に立っているとのこと!

ストーリーや構成、脚本など物語を作っている舞台とマンガにはたくさんの共通点があるということですね。

 

今回、文化庁メディア芸術祭優秀賞受賞のお祝いにマンガ学科代表として4名の学生にファンアートを描いてもらい、プレゼントしました!

S__59752494

S__59752501

喜んで頂けたようで、私たちもとても嬉しかったです!

紗久楽さわ先生の今後一層のご活躍をお祈りしております!

 

  • LINEで送る

2019年6月19日  ニュース

卒業生・松尾あきくんの作品第6話・第7話掲載!

現在発売中の「別冊少年チャンピオン」7月号にて3期生・PN.松尾あきくんの

かみさま居候コメディ!『龍神かごめちゃん』の第6話・第7話を掲載中!

『龍神かごめちゃん』とはなんだ?という方はこちらから第1話を読むことができます!

 

 01

 02

6話 生徒じゃない子は入れんから!

勘九郎が学校に持っていくのを忘れた体操服をかごめちゃんが届けに行くお話です。

かごめちゃんと出会うまでに起こるドタバタトラブルが見どころです!

 

 03

7話 ボクはねえちゃんの召使いちゃう!

勘九郎の姉、三菜のお気に入りのブラウスを洗濯で色写りさせたことが原因でケンカをしてしまった殿田姉弟。

ケンカが起きてしまってもなんだかんだで姉弟の絆は深いなと感じるお話です!

最後のオチはこの作品らしい終わり方でした!

 

 

今月も2本立てと豪華掲載ですね!

次回の『龍神かごめちゃん』も紹介しますのでお楽しみに!

 

—————————————————————-

お知らせです!

6/9(日)、7/7(日)に高校生・受験生を対象としたオープンキャンパスがあります。

誰でも芸大生になれる、1日体験入学  オープンキャンパスです!

マンガ学科の丁寧な指導を受けることができるチャンスなので、

少しでも気になる方は是非ご参加ください!

https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-09_07-07/

 

今後のオープンキャンパスの予定は以下のURLより確認できます!

https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/

お待ちしております!

 

1 2

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。