映画学科

2019年8月

  • LINEで送る

2019年8月19日  ニュース

【北白川派】第8弾=福岡芳穂監督作品の時代劇研修が行われました!!

【北白川派】第8=福岡芳穂監督作品(題名未定)は時代劇であるため、そのための研修が818日(土)、19日(日)に行われました。

 

IMG_0084

 

指導していただいたのは東映太秦撮影所の女優の鈴川法子さん、映画学科でも殺陣、アクションの授業を担当していただいている、アクション・コーディネーターの中村健人さんと東山龍平さんです。

 

IMG_9993

 

学生たちは初めての着付けや歩き方、太刀の持ち方などの所作に戸惑いながらも、真剣な目つきで取り組んでいました。

 

IMG_0006

 

これから来年2月に予定されている撮影本番までに、学生たちがどれだけのことを身に着けるか、今から楽しみです。

 

IMG_0068

 

この作品の公開は再来年を予定していますが、その時スクリーンに映し出される学生たちの姿にご期待ください!!

 

IMG_0044

 

 

  • LINEで送る

2019年8月16日  学生紹介

【北白川派】第5弾=福岡芳穂監督『正しく生きる』配信情報!!

【北白川派】第5弾=福岡芳穂監督『正しく生きる』の新たな配信情報です!!

 

02

 

〇 ビデオマーケット 82日配信開始

 

〇 DMM.COM    82日配信開始

 

〇 TSUTAYA TV   85日配信開始

 

〇 Rakuten TV    823日配信開始

 

 

この機会にぜひご覧ください!!

 

05

 

映画学科のプロジェクト【北白川派】は、現在全国で公開中の鈴木卓爾監督『嵐電』に続き、山本起也監督『のさりの島』が来年公開予定です。

 

こちらもご期待ください!!

  • LINEで送る

2019年8月14日  ニュース

大西礼芳さんが地元三重県での『嵐電』上映で登壇します!!

【北白川派】第6弾=鈴木卓爾監督『嵐電』が8月17日(土)より三重県の「進富座」で公開されますが、出演している大西礼芳さん(3期生・「トライストーン」所属)の地元と言うことで25日(日)に舞台挨拶が行われます!!

 

_P7K9213

 

また当劇場での公開初日の8月17日(土)には鈴木卓爾監督が登壇しますので、お近くの方はぜひご覧ください!!

 

 

まだまだ上映が続く『嵐電』に、これからもご声援よろしくお願いします!!

  • LINEで送る

2019年8月9日  ニュース

立脇実季さん主演『散歩する植物』が「PFFアワード2019」にノミネート!!

立脇実季さん(3回生)が主演した金子由里奈監督『散歩する植物』が、「第41回ぴあフィルムフェスティバル」のコンペティション部門「PFFアワード2019」にノミネートされました!!

 

award2019_08

 

同作品は9月7日(土)から「国立映画アーカイブ」で開催される「第41回ぴあフィルムフェスティバル」で上映され、9月20日(金)に行われる表彰式にて各賞が発表されます。

 

PFF2019.mp4_snapshot_00.05_[2019.08.09_12.29.47]

 

なお監督の金子由里奈さんは同じ京都の「立命館大学 映像学部」の出身です。

 

 

これからも映画学科の在学生、卒業生たちの活躍にご期待ください!!

 

  • LINEで送る

2019年8月9日  ニュース

上川周作さんが『君は天才!~渡辺謙がコメディーに挑戦!!」に出演!!

上川周作さん(5期生・「大人計画」所属)が「NHK BSプレミアム」で明日放送の『君は天才!~渡辺謙がコメディーに挑戦!!』に出演します!!

 

08

 

放送は「NHK BSプレミアム」で、明日8月10日(土)午後10時から11時30分です。

 

ぜひご覧ください!!

 

キャプチャ

 

1 2 3

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。