舞台芸術学科

2020年1月

  • LINEで送る

2020年1月7日  ニュース

今年度最後の卒業制作公演!!!

 みなさま明けましておめでとうございます。

 

2020年始まりましたね!

始まったばかりですが、舞台芸術学科の卒業制作公演はいよいよ最後の企画となります!

 

 

卒業制作公演第3弾はなんとミュージカル!

ぜひみなさま見にいらしてくださいね。

 

 

*****************************

 

京都造形芸術大学 舞台芸術学科

2019年度卒業制作公演 shibafu企画

 

「えんとつ町のプペル」

原作:にしのあきひろ

 

 

4000メートルの崖に囲まれたえんとつだらけの町にハロウィンの夜、心臓が落ちてきた。

この心臓にゴミがくっついて、ゴミ人間が生まれる。

やがてえんとつ掃除屋のルビッチと出会い、ルビッチはゴミ人間に「プペル」と名付ける。

2人のそれぞれ信じる先には何が待っているのか。そして行き着く先には何があるのか。

少年ルビッチとともに、記憶の旅へ、いま。

 

 

〈 企画・演出 〉ふくだかな

〈作曲〉古後公隆

 

〈 出演 〉

島本諒子

高田晴奈

谷口はるな

福原沙裕

横橋瞳

今西未音(演技・演出コース1年)

岡田保美(演技・演出コース1年)

髙橋紗良(演技・演出コース1年)

土井優華(演技・演出コース1年)

 

〈 スタッフ 〉

演出助手:八若奈菜子

振付:福原沙裕

舞台監督 : 古澤虹乃

美術 : 坂紀秀

照明:本松そよ花

音響 : 松川裕香

衣装 : 森田裕美子

小道具:矢垣奈苗(舞台デザインコース3年)

制作 : 繰菅 ゆきの

宣伝美術 : 福留聖乃(情報デザイン学科4年)

 

〈 スケジュール 〉

2020年1

17日() 19:00

18日() 13:30/17:30

19日() 13:00

 

〈 会 場 〉

京都芸術劇場 studio21

〈 料 金 〉

予約 1000円/当日 1200

〈 予 約 〉

下記の内容を明記の上、予約メールアドレスにてご予約ください。

こちらからの返信をもって予約完了といたします。

ご予約の受付は前日の24時までと致します。

butai.smash10@gmail.com

件名 「プペル」予約

本文 氏名(ふりがな) 観覧日時 人数 電話番号

 

 

〈アクセス〉

JR・近鉄「京都」駅、京阪「三条」駅、阪急「河原町」駅から

 京都市バス5系統「岩倉」行きに乗車、

 「上終町京都造形芸大前」下車

 (「京都」駅から約50分、「三条」・「河原町」駅から約30分)

■京都市営地下鉄「丸太町」・「北大路」駅(北大路駅バスターミナル)から

 京都市バス204系統循環「高野・銀閣寺」行きに乗車、

 「上終町京都造形芸大前」下車(約15分)

■京阪「出町柳」駅から叡山電車に乗り換え、

 「茶山」駅下車、徒歩約10

■タクシーご利用の場合、「京都」駅から約30分。

 地下鉄「今出川」駅から約15

(「京都」〜「今出川」は地下鉄で約10分)。

※所要時間はあくまで参考としての標準時間です。

 天候や交通事情により変わりますのでご注意ください。

※駐車場はございませんので、お車・バイクでのご来場はご遠慮ください。

 

 

〈主催・お問い合わせ〉

京都造形芸術大学 舞台芸術学科

606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116

Tel:075-791-8237(平日9時〜17時、夜間休日は留守番電話対応)

     090-8934-7622(公演当日のお問い合わせ先)

Fax:075-791-8113(24時間受付)

butai@kuad.kyoto-art.ac.jp(舞台芸術学科メールアドレス)

http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?author=10(舞台芸術学科ブログページ)

 

えんとつ町のプペル_表えんとつ町のプペル_裏

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。