映画学科

2020年1月

  • LINEで送る

2020年1月25日  ニュース

辻凪子さん出演NHKBSプレミアム『華やかな野獣』今夜放送!!

辻凪子さん(8期生・「Dプロモーション」所属)が出演する佐藤佐吉監督「シリーズ横溝正史短編集Ⅱ金田一耕助 踊る!『華やかな野獣』」が今夜放送されます!!

 

tsuji2_mv

 

放送は「NHKBSプレミアム」で夜10時30分からですのでお見逃しなく!!

 

キャプチャ

 

これからも辻凪子さんの映画、舞台、テレビでの活躍にご期待ください!!

 

本間正人先生(「京都造形芸術大学」副学長)も応援しています!!

 

  • LINEで送る

2020年1月24日  ニュース

2月5日ついに『嵐電』ブルーレイ・DVDがセル・レンタル開始!!

【北白川派】第6弾=鈴木卓爾監督『嵐電』のブルーレイとDVDが、ついに2月5日(木)より販売およびレンタルが開始されます!!

 

IMG_9076

 

DVDには特典映像として数々の予告編と、鈴木卓爾監督と学生スタッフ、キャストらによるオーディオコメンタリーが入っています。

 

またブルーレイには上記特典に加えて本編未使用実景集と、「嵐電の街で、嵐電を待つ 映画『嵐電』メイキング・スケッチ」が入っています。

 

これらの特典映像もぜひお楽しみください!!

 

IMG_5363

 

去年の春先に映画祭で先行上映され、もうすぐ1年になろうとしています。

 

まだまだ全国の映画館での上映など続いていますが、未だ見ていない方、見ていても手元に『嵐電』を置いておきたい方々、どうかこの機会にお手に取りください!!

 

D0Za5qUUYAAYQYy

 

これからも『嵐電』をよろしくお願いします!!

 

 

  • LINEで送る

2020年1月23日  イベント

2回生タップダンス公演1月25日開催!!

2回生の授業である「映画演技VI](小田芽羅先生担当)の授業成果を発表するタップダンス公演が、1月25日(土)に開催されます!!

 

01

 

「FRIEND LIKE ME」と題されたこの公演は1月25日(土)15時から、高原校舎のAスタジオで開演されます。

 

IMG_9007

 

この授業で初めてタップシューズを履いてステップを踏んだ学生がほとんどですが、みんな一生懸命練習を重ねてきました。

 

この日その成果を皆さまにご覧にいれますので、ぜひお越しください!!

 

IMG_8978

 

映画・舞台・テレビなどで活躍する卒業生たちに続く映画学科の在学生たちにご期待ください!!

 

IMG_9034

  • LINEで送る

2020年1月21日  イベント

1回生授業発表公演!!

後期の授業も補講を残すばかりとなりましたが、1回生の授業の成果を発表する公演が2つ開催されます!!

 

01

 

ボイストレーニングの授業「映画演技基礎III」(古川真穂先生担当)の『POM ピッチオブマインド inタカハラ2020』です。

 

1月23日(木)に高原校舎Aスタジオで、13時開場、13時半開演ですのでぜひお越しください!!

 

もうひとつは「映画演技基礎II」(兵藤公美先生担当)の授業内発表公演です。

 

こちらは1月25日(土)の17時開演ですのでよろしくお願いします。

(すみませんが画像の曜日を間違えています)

 

 

04

 

1回生たちの映画学科でのこの1年の成果にご期待ください!!

  • LINEで送る

2020年1月19日  ニュース

河谷忍監督『リベンジ!』が「第22回京都国際学生映画祭」にノミネート!!

河谷忍監督(9期生)の去年の卒制作品『リベンジ!』が、「第22回京都国際学生映画祭」のコンペティション部門にノミネートされました!!

 

03

 

「第22回京都国際学生映画祭 は来月2月21日(金)から23日(日)まで、「京都文化博物館」の「フィルムシアター」で開催されます。

 

河谷忍監督『リベンジ!』が上映の上映は下記ポスターのAプログラムとなります。

 

EOeAkmvUwAAs93g

 

河谷忍監督『リベンジ!』の映画祭コンペティション部門へのノミネートは、去年の「第30回東京学生映画祭」に続き2度目の快挙となります。

 

 

 

ぜひ河谷忍監督の『リベンジ!』をご覧ください!!

 

012-700x394

1 2 3

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。