映画学科

2020年1月

  • LINEで送る

2020年1月13日  ニュース

2、3回生ゼミ合評開催!!

1月11日(土)に2回生ゼミ合評、12日(日)に3回生ゼミ合評が高原校舎Aスタジオにて開催されました!!

 

IMG_8483

 

2回生たちは入学して初めての合評に緊張した面持ちで臨み、先生方の講評に真剣に耳を傾けていました。

 

IMG_8586

 

今回上映された2回生ゼミ作品は以下の通りです。

 

天木組 『孤独なさんぽ』

中林組 『左京区の猫』

高橋組 『ゆずれもんさいだー』

岡本組 『ホテルバナナスプリット』

石川組 『七並べ』

 

IMG_8493

 

この日の2回生ゼミ合評にお越しいただいた方々は以下の通りです。

 

青山真治さん (映画監督)

大﨑章さん  (映画監督)

瀧本智行さん (映画監督)

辻井南青紀さん(小説家)

港岳彦さん  (脚本家)

三宅隆太さん (脚本家)

吉田憲義さん (録音技師)

 

ご講評ありがとうございました。

 

そして翌12日(日)には3回生ゼミ合評が行われました。

 

IMG_8809

 

3回生ゼミ合評では以下の作品が上映されました。

 

松井組 『屋上』

立脇組 『共存』

石井組 『軌跡が居る』

藤野組 『蜃気楼』

服部組 『アストロメリア』

町田組 『軽蔑』

小寺組 『てれすこ』

 

IMG_8897

 

執筆作品は以下の通りです。

 

【脚本】

乾菜緒子さん 『黎明』

大森仁太さん 『まだまだ不十分』

木村瑠音さん 『ふたりの世界』

豊川未悠さん 『居場所』

宮原知喜さん 『不安』

辻野花さん  『青の夢境』

 

IMG_8669

 

【論文・その他】

 

新井陶馬さん 『3DCG空間におけるライティングの検証とその研究ノート』

川﨑涼香さん   『愛』

武野美和さん 『ジャニーズファンの行動と目的』

東盛あいかさん『与那国島について知る』

山口紗也可さん『「コ」と「葉」』

廣岡亮さん  『ある人たちの話』(小説)

 

IMG_8755

 

ご講評を頂いたゲストの方々は以下の通りです。

 

有吉司さん  (配給・宣伝)

江頭美智留さん(脚本家)

大﨑章さん  (映画監督)

仙頭武則さん (プロデューサー)

瀧本智行さん (映画監督) 

銅金裕司さん (現代美術家)

三宅隆太さん (脚本家)

吉田憲義さん (録音技師)

 

様々なご意見、ご講評、ありがとうございました。

 

IMG_8497

 

例年通り両日ともBスタジオに中継し、他回生たちが視聴しました。

 

IMG_8583

 

学生たちからの意見や、先生方からの手厳しい講評なども出ましたが、これからの作品作りに反映されることと思います。

 

卒制を含めた来期の映画制作、執筆作品がとても楽しみです!!

 

IMG_8621

 

 

 

 

  • LINEで送る

2020年1月11日  ニュース

村井崇記さん出演『山本周五郎ドラマ さぶ』今夜9時放送!!

村井崇記さん(8期生・「リガメント」所属)が出演する『山本周五郎ドラマ さぶ』が今夜9時から放送されます!!

 

村井崇記-顔

 

放送は今夜1発11日(土)21時から、「NHK BSプレミアム」です。

 

この作品は山本周五郎原作で、村井崇記さんにとっては初めての時代劇ですのでぜひご覧ください!!

 

キャプチャ

 

これからも映画学科俳優コースの卒業生たちの活躍にご期待ください!!

 

 

 

  • LINEで送る

2020年1月10日  ニュース

上川周作さん『BS笑点ドラマスペッシャル 初代林家木久蔵』に出演!!

上川周作さん(5期生・「大人計画」所属)が「BS日テレ」で明日1月11日(土)に放送される『BS笑点ドラマスペッシャル 初代林家木久蔵』に出演しています!!

 

08

 

放送は「BS日テレ」で明日19時から20時54分までですので、ぜひご覧ください!!

 

03

 

今年も引き続き上川周作さんの活躍にご期待ください!!

 

  • LINEで送る

2020年1月8日  ニュース

鈴木卓爾監督、大西礼芳さんが「京都国際学生映画祭」の最終審査員に!!

【北白川派】第6弾=鈴木卓爾監督『嵐電』でタッグを組んだ鈴木卓爾監督と大西礼芳さん(3期生・「トライストーン」所属)が、「第22回京都国際学生映画祭」の最終審査員に決定しました!!

 

IMG_2407

 

「京都国際学生映画祭」は日本国内ばかりではなく、ひろく海外で映画を学ぶ学生たちの映画祭で、毎年多数の外国からのエントリーがあります。

 

その最終審査員にふたりが選ばれたことは、同時に『嵐電』のスタッフ、キャストたちの誇りでもあります。

 

IMG_4766

 

優秀な応募作品が多いので選考は大変だと思いますが、審査のほどよろしくお願いします。

 

そして何よりどんな作品が賞を取り、どんな作品と出会えるのかとても楽しみです。

 

「第22回京都国際学生映画祭」は2月21日(金)から23日(日)に、「京都文化博物館フィルムシアター」にて開催予定です!!

 

※ ちなみに最終審査員はこのおふたりと瀬々敬久監督の3人で、瀬々監督の『菊とギロチン』には役者として鈴木卓爾監督と大西礼芳さんが出演しています。

 

機会のある方は是非「第22回京都国際学生映画祭」にお越しください!!

 

  • LINEで送る

2020年1月6日  ニュース

ぎい子さん主演『Thank you for coming』劇場公開決定!!

ぎい子さん(3期生・「CREATIVE GUARDEIAN」所属)が主演した吉田真由香『Thank you for coming』が、2月15日(土)から新宿「K’s cinema」での上映が決定されました!!

 

03

 

公開は2月15日(土)から21日(金)までの1週間限定ですので、機会のある方は是非ご覧ください!!

 

04

 

本年も引き続き映画学科の在学生、卒業生たちの活躍にご期待ください!!

1 2 3

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。