大学院

2020年10月

  • LINEで送る

2020年10月19日  ニュース

在学院生の展覧会(11/3~11/8)のお知らせ

こんにちは、大学院準備室です。

すっかりご無沙汰してしまいました。

ずいぶんと寒くなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

 

大学では、9月24日(木)より後期授業がはじまり、はや一ヶ月がたとうとしています。

IMG_9286

正門もご覧のとおり!(時間限定ですが)開いています。

 

在学院生の展覧会情報をお知らせします。

 

・・・

 

青木・岩泉ゼミによる展覧会

再び紡ぐ302展

再び紡ぐDM1

再び紡ぐDM2

 

青木・岩泉ゼミ展によせて

 

新型コロナウイルスは、私たち美術界の価値観を大きく変えようとしている。
青木・岩泉ゼミ生はコロナ禍のなか「来し方行く末」を模索してきました。ゆるぎのない事実として、ルネサンス時代のフィレンツェの工房は美を追求することならば何でも引き受けるというシステムで、工房という「学校」で学んだ後に独立し、得意な分野で才能の花を咲かせるのが、フィレンツェの芸術家の生涯でした。
ゼミ生たちは、ルネサンスの工房に倣いさまざまな絵画素材の特性と表現方法の可能性を把握することを目標とし、自身の将来像を築こうとしています。今展がアフターコロナの新たな美術の発信になるよう大いに期待している。

京都芸術大学教授、青木&岩泉ゼミ担当教員 青木芳昭

 

 

◆出展作家

高 資婷 Kao tzuting (博士課程2年生)

川瀬 美帆 Kawase Miho(博士課程2年生)

登玉 梓沙 Noboritama Azusa(修士課程1年生)※2020年度京都芸術大学大学院研究・制作・発表助成制度対象

林 篤志 Hayashi Atsushi(修士課程1年生)

 

 

会期:2020年11月3日(火)〜11月8日(日)
会場:Art Space MEISEI 京都寺町
   〒604-0991 京都市中京区寺町通竹屋町上ル行願寺門前町3
時間:12:00〜18:00 (最終日のみ17:00まで)
ギャラリーホームページ:http://art-meisei.jp/index.html

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。