空間演出デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年7月30日  授業風景

【1回生】合評風景_SDコース

 

空デ研究室です!

 

合評風景をお伝えします。

今回は空間デザインコース1回生の最終合評です〜〜

 

 

///////////////////////////////////

 

 

「草原の私の家」

 

最終課題までに小さな制作を積み重ねてきた1回生前期。

今回はこれまでの制作を活かして、

草原の中に居心地のいい平屋を設計します。

 

敷地面積や規模、構造などにも条件を与えられ、

その中でそれぞれの物語を附属させていきました。

 

 

▼合評の様子です

まずはみんなの作品を見ていきます

_DSC0011

_DSC0014

_DSC0003

みんな模型、図面、プレゼンシートを作成し、

他者にきちんと伝わるように見せ方にも工夫が必要です。

 

_DSC0016

_DSC0009 _DSC0008 

_DSC0007

コンセプト文もそれぞれ雰囲気があり、

建築雑誌に添えられているような文もあって面白かったです

 

_DSC0020_DSC0027

▼みんなのを見てまわった後はプレゼンタイム!

 

一人一人、コンゼプトや工夫したポイントを発表していきます!

_DSC0030_DSC0031

_DSC0034 

担当教員は家成先生と安川先生

お二人とも普段は建築のお仕事をされています。

設計に関してはもちろん、プレゼンする時の伝わりやすい工夫なども指摘してくれます。

 

発表者もですが、聞いているみんなも真剣です!

 

物語も個性があって、みんなの内面が知れる感じでした。

富士山が見える、湖がどこからでも見える、丘と同化する家、四季を感じる家、、、

 

とても素敵な家ができあがっていました

_DSC0039

_DSC0045

 

これで1回生最初の前期コース専門授業が無事に終了しました。

みんなの成長ぶりがとっても嬉しいです。

 

1回生は夏休みには、マンデープロジェクトの京造ねぶた制作が待っています。

 

今年も迫力あるねぶたができることが楽しみです〜〜

 

 

 

 

 

次回も合評風景をお伝えします!

 

関連記事

<1011121314>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。