マンガ学科

授業風景

  • LINEで送る

2012年6月8日  授業風景

授業の様子~表現技法Ⅲ~

今回は2年次から履修可能な「表現技法Ⅲ」という授業を紹介します。
この授業では鳥瞰図と情景模型の制作技法を修得します。

 

chayamanga_blog_654_1

chayamanga_blog_654_5
それってマンガとどう関係があるの?と思われる方もいるかもしれません。

マンガ学科はやはりマンガ家になりたい学生が多いのが特徴です。

彼ら・彼女らが卒業後、すぐにマンガ家として自立できれば一番ですが、
働きながらデビューを目指してマンガを描き続けることを覚悟した方がよいでしょう。

「いつ芽が出るか分からないのがマンガ家、どれだけ諦めずに描き続けられるかが大事」
と先生方もよくおっしゃっています。

マンガだけではまだ生計を立てることは出来ないけれど、
絵や造形に関わる分野で何とか自立したい・・・
そんな時に役立つマンガ周辺の仕事の基礎となればと思い開講しています。

また、情景模型はフィギュア制作の授業などと同様に
普段平面で捉えているマンガを立体的な視点で捉えることにも役立ちます。

前置きが長くなりましたが、本日の授業では写真の様に
「鳥瞰図で大学校舎をレポートする」という課題が完成間近でした。

その後は情景模型を制作するための腕慣らしとして川や滝などの小さな模型の制作を。

 

chayamanga_blog_654_2 chayamanga_blog_654_3 chayamanga_blog_654_4

マンガとは一見関わりがないように見える授業でも、
受講してみると思わぬ発見があって楽しいと思います!

関連記事

<510511512513514>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。