空間演出デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年8月9日  授業風景

【3回生】イベント-山をかこむ- in 亀岡

 

 

本日2本目の授業風景レポートです

 

前回はKIWIゼミを紹介しましたが、

今回は八木先生と安川先生のゼミについてです。

 

 

//////////////

 

 

kameoka-omote

 

以前にイベント予告をいたしました「山をかこむ」が無事に終わりました

報告が遅れてしまいましたが、雨の中にも関わらずワークショップにもたくさんご参加いただきました

ありがとうございます!!

 

亀岡にて営業されていますKIRI CAFEでは、

学生たちによるかき氷や綿菓子の提供のもと、みんなで「山」をかこみます!

 

_DSC0024

_DSC0075

▼山からあがる霧が綿菓子になったようでなんだかロマンが、、

   自分で綿菓子をつくるなんてことは滅多にないのでとても楽しかったです◯

_DSC0011

▼亀岡にはガラス工房もあり、コラボ制作したガラスの器も販売しました

 光の影がとても綺麗ですよね

_DSC0007

_DSC0084

▼「山」からは霧が発生します

 一気に幻想的な空間に、、、

_DSC0141

 

また、ワークショップとして亀岡駅からKIRICAFEまでのフィールドワーク、藍染体験、

そしてフィールドワークで集めた素材を使って、手ぬぐいを制作

_DSC0161 

_DSC0167 _DSC0185

草木や枝、葉っぱやほおずきなど、何気なく見ているものもスタンプとして使ってみると、

思ったものと違うシルエットで出たり、組み合わせることによって独特な柄が生まれたり、

オリジナルな手ぬぐいが完成しました

 

_DSC0188

_DSC0175_DSC0199

▼藍染体験にて染めた手ぬぐいもフィールドワーク組と到着

 カットして皆さんにお持ち帰りいただきました

 

_DSC0220

 

芸術祭などで知名度も上がりつつある亀岡ですが、

こうやって実際に自分の足で歩き、町並みを見つめ体験することや、

良さや特徴を生かしたイベントをおこなうことで、地域の魅力を再発見するきっかけとなります。

 

ローカルデザインへとつながるような視点を生み出すことも

空デの重要なカリキュラムポイントとなります。

そして何よりも、楽しいことを経験してもらい、「また来たい」と思ってもらうことが一番ですね

 

 

ご協力いただいたKIRI CAFEでは自家製シロップを使ったジュースや、

おにぎりやクレープなどの軽食のご用意もあります。

 

もし機会ありましたら、ぜひ足を運んでみてください!!

 

 

_DSC0059

//////////////////////////

 

KIRI CAFEの公式サイトです

イベント情報もご覧いただけます!

 

KIRI CAFE ▶︎ check!

 

///////////////////////////

関連記事

123>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。