空間演出デザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2019年11月1日  イベント

【1回生】キャリア特講 ~アギレラ中野さん~

 

 

こんにちは!空デ研究室です

 

 

今回は先日開講された、1回生のキャリア研究Ⅰという授業でのキャリア特講について紹介です。

 

 

 

 

 【  キャリア研究Ⅰ  】

 

この授業では、ロールモデル研究をテーマとし、大学卒業後の自分の活動をイメージするためのきっかけづくりを行います。

業種や職種、企業研究といった具体的な就職活動の方法ではなく、学生同士や社会人とのディスカッションや社会見学を通じて、社会と関わることや、様々な仕事があることを学んでいきます。 

 

後期集中授業にあたるこちらでは、ゲストを招いての特講や見学会も交え、

・社会での様々な働き方や働く場所があることを知ることができる。
・働くことを自分の事として捉え、社会に出るイメージを掴めるようになる。 

大きくこの2点を修得していきます!

 

 

初回の10月31日は、アギレラ中野和代さんを招いての特講でした。

 

 

 

● アギレラ中野和代 氏 ●

日本の伝統技術をもとに自分ブランドをニューヨークで立ち上げ、世界中の女性のハートを掴み,15年後に8億円ビジネスに育て上げ、世界的有名バッグデザイナーになった女性職人デザイナー

1997年自身のブランド「KAZUYO NAKANO NEW YORK」を設立

 

_DSC0043

 

デザイナーになるきっかけや経歴、ブランド立ち上げまでの感動話、

ブランド経営でのお金の話など、大変リアルで貴重なお話をしてくださいました!

 

1回生のみんなはこれからさらにデザインについて学んでいきますが、

今必要とされているデザインとは何か、そんなことを考えさせられる機会だったかと思います。

 

 

 

また、アギレラさんは3Dソフトによってバッグのデザインをされていることや、

なぜ3Dソフトでデザインするのか、そして実際にソフト上での制作のムービーも交えてお話してくださいました!

 

_DSC0016

 

 

入学を機に、イラストレーターやフォトショップなどのソフトを使えるようになってきたみんな。

この中にも3Dソフトなどを使いこなす子も現れると期待しています、、!

 

▼それぞれメモを取りながら聴講していました◎

_DSC0004_DSC0039

 

 

 

こうした現場で活躍される方々のお話を通し、

3年後の自分たちの社会に出るビジョンを構築していきます。

 

1回生から自分のキャリアや将来のことを考えていくのは大切なことであり、

早くから行動できていると、可能性は何倍にも広がります!

 

 

_DSC0014

 

アギレラさんのお話にもありましたが、

自分なりのデザインやブランドを大切にしながらも、

売ること・消費者に受け入れらることも重要視したビジネス思考のモノづくりと、

環境に配慮した素材や、デザイナーと職人の関係性など生産上でも配慮したモノづくり。

 

こうした今、必要なモノづくりを知るきっかけになったかと思います!

 

 

 

 

 

関連記事

<3334353637>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。