空間演出デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年10月25日  授業風景

【デザイン表現基礎A – SDコース -】パスタで制作!

 

 

こんにちは、空デ研究室です。

 

連日 雨が続いていますね。

せっかくの金木犀のいい香りも、もう終わりへと近づき寂しい気もしますが、

こうして季節が巡っていくのかと思うと、今年の冬も楽しみになってきています🌷

 

////////////////////////////////////////////////

 

 

さて、先日お伝えした空間デザインコースの『デザイン表現基礎A』ですが、

先週からパスタでプロダクトをつくる、というワークを行ってきました。

 

 

_DSC0066

担当は空デ卒業生で准教授でもある八木良太先生です  ▷site!

_DSC0058

 

パスタでモノを作るなんて初めてなのに、みんな初回からテキパキと制作していました。

グルーガンを使いながら接着していきます。

 

_DSC0060_DSC0056

_DSC0059

 

 

テーマは「 身につけられるもの 」

 

昨日の10月24日は、その合評でしたので作品も交えて紹介します○

一人ひとり前に出て、作ったものを発表し、黒い布の前で作品撮影を行いました。

 

 

 

▼パスタ映えのため、この日のドレスコードは「黒」!

 

いつもお洒落な空デ学生ですが、黒で統一されるとシックな雰囲気でまたカッコよかったです。_DSC0037

 

 

 

学生の作品を一部紹介します☆

 

 

 

 

 

 

実際に使えるバッグ                         

_DSC0006

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽のヘッドホン

_DSC0011

グローブ                             

_DSC0025

ピーマンのヘタの帽子

_DSC0031

三角帽 / バングル / 指輪                       

_DSC0033

魔女の帽子 / ステッキ / ネックレス

_DSC0034

 

パスタが実に映える、、、!

 

女の子も男の子も、身につけるアイテムをそれぞれ制作!

パスタはとても脆いものですが、何本か束にすることで強度を増したり、1本使いでモノのディティールをしっかり掴んだり、お洒落でとても面白い作品が揃いました ^^ 

 

 

パスタでのワークも終わり、次回の面白そうな内容の予告をされていました、、!

 

こうしてものづくりにおける基本的な技術(平面、立体)について触れてみることで、ものをつくる手の動かし方のトレーニングを行っていきます

 

 

 

 

 

関連記事

<3435363738>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。