空間演出デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年11月22日  授業風景

【空間デザイン3回生】原田先生クラス

 

 

こんにちは、空デ研究室です!

 

 

 

寒さも増し、落葉も増えてきました。

職員たちで大学前の落ち葉掃除をしているのですが、

これもまた季節を感じられて個人的に好きな業務でもあります。

 

 

   iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii

 

 

 

 

 

さて、昨日は空間デザインコース3回生の原田先生クラスにて、

ゲスト講師によるワークショップ授業が行われました。そちらの紹介です◯

 

 

 

ゲストは、望天館でも展示をされている吉田 勝信先生です。

『 かわいい大権現をつくる 』というテーマのもと、「可愛さ」の化身の仮面を制作しました!

 

 

_DSC0004

_DSC0018

 

大阪にある国立民族学博物館のウェブアーカイブで仮面を閲覧し、「可愛い」と思うものを多く収集するように事前に言われていたみんな。

 

各自で収集してきていた仮面をもとに、「可愛い」と思う部分を抽出し編集します。

 

 

 

 

▼原田先生と吉田先生

 

_DSC0011

 

 

午前中は情報デザイン学科の授業もされていた吉田先生。

空デの学生とも、ゆっくりと話をしながらご指導いただきました。

 

_DSC0030

 

 

 

休み時間ももぐもぐしながらも(笑)制作をしつつ、ZINEとしてまとめられるように取り組みました。

 

_DSC0025

_DSC0037

 

 

 

▼切り出された仮面たち

 

_DSC0045 _DSC0046

 

 

 

 

 

 

 

仮面のかたちに切り出した紙をコピー機にかけ、両面印刷。

 

中綴じ製本をして完成です。

 

 

_DSC0039_DSC0041

▲カメラを向けると完成に喜ぶ図のように撮らせてくれました笑

 

 

 

 

短時間でしたが、個性のある可愛い化身たちが完成しました。

 

 

 

_DSC0050

 

 

 

ワークショップ形式の授業、みんな楽しげに取り組んでいました。

原田先生クラスは現在100個課題が出されているので、来週の授業も楽しみにしています。

 

 

ゲストの先生の授業や学内での展示など、いろんな情報を吸収して、どんどん飛躍していってもらいたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

<2122232425>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。