映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2019年11月21日  ニュース

大西礼芳さん出演『私たちは何も知らない』11月24日より上演!!

大西礼芳さん(3期生・「トライストーン」所属)が出演する「二兎社」の舞台『私たちは何も知らない』が、今週末11月24日(日)より埼玉県から全国上演がスタートします!!

 

16

 

永井愛作・演出の本作は、明治から大正時代にかけて刊行された、平塚らいてう、伊藤野枝を中心とした女性だけの雑誌「青踏」の編集部を舞台とした作品です。

 

10

 

公演は11月24日(日)より埼玉県「富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ」からスタートし、東京、兵庫、長野など全国で来年の2月下旬まで続きます。

 

「東京芸術劇場 シアターウエスト」での公演は11月29日(金)から12月22日(日)までです。

 

関西では、来年1月4日(土)の「兵庫県立芸術文化センター」、1月18日(土)の「滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール」で上演されますので機会のある方はぜひご覧ください!!

 

その他詳細はコチラをご覧ください。

 

20190928-nitosha_full

 

本公演の紹介記事が「ぴあ」に掲載されていますので、興味のある方はお読みください。

 

【北白川派】第6弾=鈴木卓爾監督『嵐電』での小倉嘉子役とはまた違った、大西礼芳さんの芝居をぜひ見に来てください!!

関連記事

<45678>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。