空間演出デザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2019年12月3日  イベント

【4回生】卒制最終審査!

 

 

 

 

こんにちは、空デ研究室です!

 

 

だんだん寒くなり、学内でも落葉が増えてきました。

年内もわずかですが、今回は卒業制作審査の様子をお伝えします!

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

これまで審査を通し、ブラッシュアップしてきたみんなですが、

12月2日(月)にファッションデザイン、3日(火)に空間デザインと二日間にわたり最終審査が行われました。

 

卒展の展示がフィニッシュではなく、実はこの審査が全てとなるのが卒業制作です!

各自作品とプレゼンボードなど、準備して先生方がいらっしゃるまで待機します。

 

 

 

今回は空間デザインコースの審査の様子です▼

 

 

_DSC0002

_DSC0008

それぞれ3分間、制作した作品やそのプロセス、展示計画をプレゼン。

 

副手はタイムキーパーを担当していますが、なかなか緊張感のある空間です、、、!

 

 

_DSC0011

 

 

展示本番さながらに作品たちを見せられるといいのかもしれませんが、

空間演出デザイン学科では例年3フロアに分かれ展示しているため、審査では各ゼミ室にてプレゼンをお願いしています。

 

普段使っている机を展示台に見立てディスプレイしたり、自分で板材を購入しペーパーを展示する人もいます。

 

 

 

他教室を使用することも可能なので、大きな作品の人は別教室を自分で申請してもらっています。

とにかく展示台や場所全て、各自にプレゼン準備をしています。

 

_DSC0021

 

▼こちらは他展示とかぶったため先生方に移動してもらい、オーブにて審査も行いました

_DSC0022

 

 

 

 

最終審査は計3日間。

 

3日目の明日は、判定結果発表となります!

 

 

 

 

残る審査は、不可だった場合の「再審査」

そして最後の「採点・展示審査」があります。

 

ここからのブラッシュアップも重要になりますので、みんなには頑張ってほしいです!

 

 

 

 

 

 

今年度の卒業制作店は2020年の2月8日スタート!

 

ぜひみんなの成果を、ご覧にいらしてください!

 

 

 

 

DMや展示イベントなどの情報も紹介していこうと思います〜〜〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

<1234>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。